天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

【台風情報】台風19号の東側に台風の卵である熱帯低気圧が!気象庁予想では19日09時には台風20号になる予想!ヨーロッパモデルの進路予想では近畿地方に直撃コース!

現在日本の周辺には台風18・19号がありますが、台風19号の東側に熱帯低気圧が出来ており、今後台風20号の発生となるかもしれません。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180818071059p:plain
 

   目次

 

1.日本の周辺には台風18号台風19号が!!

現在日本周辺には華中に台風18号・父島近海に台風19号があります。 台風18号に関しては今後熱帯低気圧に変わる予想となっていますが、台風19号に関しては本州を直撃するかもしれません。

台風19号に関する記事はこちらです↓   

www.tenkinoarekore.com

   

この他にも台風となりそうなものはあるのでしょうか?

 

2.台風19号の東側に台風の卵の熱帯低気圧が!!

気象庁の18日03時の実況天気図がこちらです☟

f:id:sho11070714:20180818065401p:plain

引用:気象庁 | 天気図

  

この熱帯低気圧はゆっくりと日本へ近づく予想となっていますが、また本州に接近するのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.熱帯低気圧は18日09時現在トラック諸島近海にあって、中心気圧は1006hPa・最大風速は15m/s・最大瞬間風速は23m/s!!

熱帯低気圧は18日09時現在でトラック諸島近海にあって、中心気圧は1006hPa・最大風速は15m/s・最大瞬間風速は23m/sとなっています!!

f:id:sho11070714:20180818104708p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

 

4.19日09時には台風20号となる見込み!

気象庁の予報によりますと、19日09時にはトラック諸島近海にあって、中心気圧は1002hPa・最大風速は18m/s・最大瞬間風速は25m/sとなっています!!台風20号になる見込みですね!

f:id:sho11070714:20180818104830p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.台風になる条件ってなに?

熱帯低気圧ってどうなったら台風になるのでしょうか?気象庁の定義では、台風とは以下のようなものを指します☟

f:id:sho11070714:20180718082645p:plain

引用:気象庁|台風とは

  

最大風速が17m/s以上になったら、台風の扱いになるようですね。   

 

6.日本の南の海面水温は29℃前後と高く、発達しやすい! 

気象庁の発表している日本の南の海上の日別海面水温がこちらです☟

f:id:sho11070714:20180818061904p:plain

引用:気象庁 | 海面水温に関する診断表、データ 日別海面水温

 

日本の南の海上の海面水温は29℃前後と非常に高くなっており、台風が陸地に近づいても勢力を落とさない可能性があります。

一般的には台風の発達には海面水温が27℃以上の必要があると言われており、十分に条件を満たしていますね。このまま接近時までに勢力を落とさなければ、雨や風による影響が大きくなりますので、今後の予報に十分な注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

7.米軍ではまた本州に接近するコースを予想!

続いて米軍の予想を見てみましょう。

f:id:sho11070714:20180818065721p:plain

引用:Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

 

米軍ではまた本州に接近するコースを予想していますね!!

  

8.熱帯低気圧近畿地方辺りに接近か!?

最後にヨーロッパ中期予報センターの予想を見てみましょう。

f:id:sho11070714:20180818070612g:plain

引用:ECMWF | Advancing global NWP through international collaboration

 

この予想では近畿地方へ接近するような予想となっていますね!!

 

 

 
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

    

9.まとめ

18日現在日本の周辺には台風18・19号がありますが、19号の東側に熱帯低気圧が出来ており、今後台風20号の発生となるかもしれません。日本の南の海面水温は高く、どんどん発達するので台風となって続々と日本に接近してくる可能性もあります。今後の進路情報に注目ですね!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング

 

 

【台風情報】台風19号は21日03時には950hPaと非常に強い勢力まで発達する予想!気象庁・米軍・ヨーロッパの進路予想では九州南部に上陸~九州地方を縦断!台風15号と似た進路に!?

16日に発生した台風19号『ソーリック』ですが、気になる進路はどうなっているのでしょうか?そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180818061659p:plain

 

   目次

 

 

1.16日09時に台風19号『ソーリック』が発生!!

16日09時にマリアナ諸島付近で台風19号『ソーリック』が発生しました。 

www3.nhk.or.jp

 

2.台風19号『ソーリック』は18日03時現在では中心の気圧は970hPa・最大風速は35m/s・最大瞬間風速は50m/s!!

18日03時現在の台風19号『ソーリック』は、中心の気圧は970hPa・中心付近の最大風速は35m/s・最大瞬間風速は50m/sとなっています!

f:id:sho11070714:20180818055516p:plain

 引用:気象庁 | 台風情報

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

     

3.気象庁の進路予想では台風19号は九州地方縦断コース!?

台風19号『ソーリック』は、父島の南西約390kmにあり、時速15kmと自転車並の遅さで北北西進していますが、本州へ接近するのでしょうか?

f:id:sho11070714:20180818055653p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

 

まだ予報円が大きすぎるので分かりませんが、このままいくと九州地方縦断するコースでしょうか?

  

4.米軍も気象庁と同じく九州南部~縦断コースを予想!

米軍の台風情報がこちらです↓

f:id:sho11070714:20180818060006p:plain

引用:Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

 

米軍の進路予想も気象庁と似たようなコースとなっており、九州南部~縦断を予想していますね!!

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

5.ヨーロッパ中期予報センターも気象庁・米軍と似た進路!!

最後にヨーロッパ中期予報センターの進路予想を見てみましょう。

f:id:sho11070714:20180818061350g:plain

引用:https://www.ecmwf.int/

 

ヨーロッパ中期予報センターも気象庁・米軍と似た進路となっていますね!!

 

6.21日03時には950hPaと非常に強い勢力まで拡大する見込み!

三者似たような進路予想となっている台風19号ですが、日本へ接近する頃はどのくらいの勢力になっているのでしょうか?気象庁の予想では21日03時には、日本の南にあって950hPa・中心付近の最大風速は45m/s・最大瞬間風速は60m/sと非常に強い勢力にまで発達するようです。

f:id:sho11070714:20180818061659p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

   

7.日本の南の海面水温は29℃前後と高く、勢力が発達しやすい!!

気象庁の発表している日本の南の海上の日別海面水温がこちらです☟

f:id:sho11070714:20180818061904p:plain

引用:気象庁 | 海面水温に関する診断表、データ 日別海面水温

 

日本の南の海上の海面水温は29℃前後と非常に高くなっており、台風が陸地に近づいても勢力を落とさない可能性があります。

一般的には台風の発達には海面水温が27℃以上の必要があると言われており、十分に条件を満たしていますね。このまま接近時までに勢力を落とさなければ、雨や風による影響が大きくなりますので、今後の予報に十分な注意が必要です。

 

8.ヨーロッパモデルに予想では朝鮮半島を経由して日本海に!?

九州地方に直撃が濃厚な台風19号ですが、ヨーロッパモデルの予想ではその後朝鮮半島を経由して日本海に抜ける予想となっています!!

f:id:sho11070714:20180818061946p:plain

 

f:id:sho11070714:20180818062047p:plain

その頃には温帯低気圧になっていると思いますが、これは広範囲に影響が出そうですね!!

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

9.まとめ

16日に発生した台風19号『ソーリック』ですが、気象庁・米軍・ヨーロッパモデル共に九州南部~九州縦断コースを予想しています。非常に強い勢力まで発達する予想となっており、油断は出来ませんね!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング

 

 

JAXAが日本初の有人月面着陸機の開発する構想を明らかに!実現すればアポロ計画以来約60年振りの歴史的なプロジェクト!!

宇宙航空研究開発機構が日本初の有人月面着陸機を開発する構想が16日明らかになりました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180817092046p:plain

   

   目次

 

1.JAXAが日本発の有人月面着陸機を開発する構想!

宇宙航空研究開発機構JAXA)が日本初の有人月面着陸機を開発する構想が16日明らかになりました。

 

2.着陸機は4本脚のテーブルのような形状で上部を欧州が開発する離陸船を連結させる構想!

JAXAの構想によりますと、着陸機は4本脚のテーブルのような形状で、上部に欧州が開発する離陸船を連結させるとの事です。月の上空を周回する基地に係留し、飛行士4人が船内に乗り移り降下するようですね!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.アポロと比べると離陸船と合わせた重さは2倍の約35トン、大きさは約1.3倍!

機体は米国のロケットで打ち上げる予定で、1960年代に人類初の月面着陸に成功したアポロ(2人乗り)と比べて、離陸船と合わせた重さは2倍の約35トン、大きさは約1.3倍の見込みです!!

 

4.今回の構想が実現すればアポロ計画以来約60年振りの月面着陸に!

今回の構想は、米国が2020年代に建設を目指す月基地への参加を念頭に置いたもので、欧州と連携し2030年ごろに着陸を目指すとしています。実現すれば米国のアポロ計画以来、約60年ぶりの月面着陸を日本が担う歴史的なプロジェクトになります!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

5.まとめ

宇宙航空研究開発機構が日本初の有人月面着陸機を開発する構想が16日明らかになりました。 米国が2020年代に建設を目指す月基地への参加を念頭に置いたもので、欧州と連携し2030年ごろに着陸を目指すとしています。実現すればアポロ計画以来ですね、これは楽しみです!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング

 

 

北海道大雪山系黒岳で初冠雪を観測!8月の観測は2003年以来で、1974年からの統計で最も早く!!

連日暑い日が続いていますが、北海道大雪山系黒岳で初冠雪が観測されたようです。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180817085221p:plain

   

   目次

 

1.日本では台風や連日暑い日が続く!

日本ではまだまだ暑い日が続いており、台風も続々と発生しています。現在日本周辺には台風16・18・19号があり、19号は本州へ接近する可能性があります! 

www.tenkinoarekore.com

  

2.北海道大雪山系黒岳では早くも初冠雪!

そんな暑い日が続く日本列島ですが、北海道大雪山系黒岳では早くも初冠雪の知らせが届きました!!

 

これは羨ましいですね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.8月の初雪は2003年以来で、1974年からの統計で最も早い!

本日初雪を観測した北海道大雪山系黒岳ですが、8月の初雪の観測は2003年以来とのことで、1974年からの統計で最も早いようです!

 

4.去年の観測は9月28日・例年は9月中旬頃なので1か月程度早い観測に!

昨年の北海道大雪山系黒岳の初雪の観測は、9月28日でした。

www.excite.co.jp

 

例年は9月中旬頃なので、1か月程度早い初雪の観測となったようですね!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.まとめ

連日暑い日が続いていますが、北海道大雪山系黒岳で初冠雪が観測されました。8月の初雪の観測は2003年以来とのことで、1974年からの統計で最も早いようです! これは羨ましいですね!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング

 

 

【台風情報】台風19号の東側に台風の卵である熱帯低気圧が!今後台風20号となって本州を直撃する!?

現在日本の周辺には台風16・18・19号がありますが、台風19号の東側に熱帯低気圧が出来ており、今後台風20号の発生となるかもしれません。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180817080235p:plain

 

   目次

 

1.日本の周辺には台風16号台風18号台風19号が!!

現在日本周辺にはトンキン湾台風16号東シナ海に台風18号・小笠原近海に台風19号があります。 

台風16号台風18号は共に日本から遠ざかっており、影響はなさそうですが、台風19号に関しては本州を直撃するかもしれません。

台風19号に関する記事はこちらです↓  

www.tenkinoarekore.com

  

 この他にも台風となりそうなものはあるのでしょうか?

 

2.台風19号の東側に台風の卵の熱帯低気圧が!!

気象庁の17日03時の実況天気図がこちらです☟

f:id:sho11070714:20180817080618p:plain

引用:気象庁 | 天気図

  

台風19号の東側にTDと書いてある赤いやつが熱帯低気圧ですね。台風20号となってしまうのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.米軍の予想では24時間以内の台風20号の発生はないと思われる!

続いて米軍の予想を見てみましょう。

f:id:sho11070714:20180817081037p:plain

引用:Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

 

91Wとなっているのが熱帯低気圧ですね。オレンジの丸で囲まれており、24時間以内に台風20号へとなる可能性は低そうですね。

 

4.熱帯低気圧近畿地方辺りに接近か!?

最後にヨーロッパ中期予報センターの予想を見てみましょう。

f:id:sho11070714:20180817082225g:plain

引用:ECMWF | Advancing global NWP through international collaboration

 

この予想では近畿地方へ接近するような予想となっていますね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.台風になる条件ってなに?

熱帯低気圧ってどうなったら台風になるのでしょうか?気象庁の定義では、台風とは以下のようなものを指します☟

f:id:sho11070714:20180718082645p:plain

引用:気象庁|台風とは

  

 最大風速が17m/s以上になったら、台風の扱いになるようですね。   

 

6.日本の南の海面水温は29℃前後と高く、発達しやすい! 

気象庁の発表している日本の南の海上の日別海面水温がこちらです☟

f:id:sho11070714:20180815070025p:plain

引用:気象庁 | 海面水温に関する診断表、データ 日別海面水温

 

日本の南の海上の海面水温は29℃前後と非常に高くなっており、台風が陸地に近づいても勢力を落とさない可能性があります。

一般的には台風の発達には海面水温が27℃以上の必要があると言われており、十分に条件を満たしていますね。このまま接近時までに勢力を落とさなければ、雨や風による影響が大きくなりますので、今後の予報に十分な注意が必要です。

 


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

    

7.まとめ

17日現在日本の周辺には台風16・18・19号がありますが、19号の東側に熱帯低気圧が出来ており、今後台風20号の発生となるかもしれません。日本の南の海面水温は高く、どんどん発達するので台風となって続々と日本に接近してくる可能性もあります。今後の進路情報に注目ですね!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング

 

 

【台風情報】台風19号は小笠原近海にあって中心気圧は990hPa・最大風速25m/s・最大瞬間風速35m/s!20日03時には965hPaと強い勢力まで発達か!?気象庁・米軍・ヨーロッパモデル共に九州地方に直撃を予想!!

16日に発生した台風19号『ソーリック』ですが、気になる進路はどうなっているのでしょうか?そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180817074732p:plain

 

   目次

 

 

1.16日09時に台風19号『ソーリック』が発生!!

16日09時にマリアナ諸島付近で台風19号『ソーリック』が発生しました。 

www3.nhk.or.jp

 

2.台風19号『ソーリック』は17日06時現在では中心の気圧は990hPa・最大風速は25m/s・最大瞬間風速は35m/s!!

17日06時現在の台風19号『ソーリック』は、中心の気圧は990hPa・中心付近の最大風速は25m/s・最大瞬間風速は35m/sとなっています!

f:id:sho11070714:20180817072131p:plain

 引用:気象庁 | 台風情報

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

     

3.気象庁の進路予想では台風19号は九州地方縦断コース!?

台風19号『ソーリック』は、小笠原近海付近を時速30kmの速さで北上していますが、本州へ接近するのでしょうか?

f:id:sho11070714:20180817072338p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

 

まだ予報円が大きすぎるので分かりませんが、このままいくと九州地方縦断するコースでしょうか?

 

 

4米軍も気象庁と同じく九州南部を直撃するコースを予想!

米軍の台風情報がこちらです↓

f:id:sho11070714:20180817072605p:plain

引用:Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

 

米軍の進路予想も気象庁と似たようなコースとなっており、九州南部を直撃する予想となっていますね!!

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

5.ヨーロッパ中期予報センターは九州地方を直撃するコースを予想!

最後にヨーロッパ中期予報センターの進路予想を見てみましょう。

f:id:sho11070714:20180817073333g:plain

引用:https://www.ecmwf.int/

 

昨日は米軍・気象庁は予想がかなり違い近畿地方直撃コースでしたが、九州地方地方を直撃するコースに変わってきていますね!!

 

6.20日03時には965hPaと強い勢力まで拡大する見込み!

三者似たような進路予想となっている台風19号ですが、日本へ接近する頃はどのくらいの勢力になっているのでしょうか?気象庁の予想では20日03時には、日本の南にあって965hPa・中心付近の最大風速は40m/s・最大瞬間風速は55m/sと強い勢力にまで発達するようです。

f:id:sho11070714:20180817073701p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

 

7.日本の南の海面水温は29℃前後と高く、勢力が発達しやすい!!

気象庁の発表している日本の南の海上の日別海面水温がこちらです☟

f:id:sho11070714:20180816122558p:plain

引用:気象庁 | 海面水温に関する診断表、データ 日別海面水温

 

日本の南の海上の海面水温は29℃前後と非常に高くなっており、台風が陸地に近づいても勢力を落とさない可能性があります。

一般的には台風の発達には海面水温が27℃以上の必要があると言われており、十分に条件を満たしていますね。このまま接近時までに勢力を落とさなければ、雨や風による影響が大きくなりますので、今後の予報に十分な注意が必要です。

 

8.ヨーロッパモデルに予想では九州を経由して日本海に!?

九州地方に直撃が濃厚な台風19号ですが、ヨーロッパモデルの予想ではその後日本海に抜け、北海道に接近する予想となっています!!

f:id:sho11070714:20180817074105p:plain

 

f:id:sho11070714:20180817074202p:plain

その頃には温帯低気圧になっていると思いますが、これは広範囲に影響が出そうですね!!

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

9.まとめ

16日に発生した台風19号『ソーリック』ですが、気象庁・米軍・ヨーロッパモデル共に九州南部直撃コースを予想しています。強い勢力まで発達する予想となっており、油断は出来ませんね!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング

 

 

【悲報】2018年~2022年までの今後5年間は異常な高温が続くとの論文が発表される!人為的な地球温暖化と自然要因による地表面温度の上昇のダブルパンチ!!

連日暑い日が続きますが、14日に今後5年間は異常な高気温が続くとの予測を示した研究論文が発表されました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180816191004j:plain

   

   目次

 

1.今後5年間は異常な高気温が続くとの驚きの論文が発表される!

14日に英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに、人為的な地球温暖化と自然要因による地球表面温度の上昇の相乗作用によって、今後5年間は異常な高気温が続くとの驚きの予測を示した研究論文が14日に発表されました。 

 

2.2018年~2022年までは自然温暖化と人為的気候変動のダブルパンチが!

気象学者で論文の主執筆者であるフロリアン・セベリック氏は、「今回の研究では気候における経年の(短期的な)自然変動を予測するためのシステムを開発した」としており、その結果「2018~2022年の期間については、平年値からの差(偏差)が人為的温暖化の影響と同等であることを発見した」としています。つまり自然温暖化は今後5年間で人為的気候変動とほぼ同程度の影響を及ぼすということのようです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.『PROCAST』と命名された最新手法でシュミレーション!

今回発表されたシュミレーションは、確率予報(PRObabilistic foreCAST)を略して『PROCAST』と命名されたこの最新手法を使って算出されています。この手法では、過去の気温記録と比較して検証した結果、少なくとも標準的なモデルと同程度の予測精度を持つことが判明しています!

 

 

4.『PROCAST』はスパコンいらずの数秒で実行可能!

『PROCAST』はノートパソコン上で数秒間で実行可能となっており、スーパーコンピューターでの数週間に及ぶ計算時間を必要としません。気象学者のフロリアン・セベリック氏は「気候予測を実行出来る可能性をより多くの研究者らに、特にスーパーコンピューターを容易に利用できない国々の研究者らに向けて開くものだ」と述べています。

    

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

 

 

5.まとめ

人為的な地球温暖化と自然要因による地球表面温度の上昇の相乗作用によって、今後5年間は異常な高気温が続くとの驚きの予測を示した研究論文が14日に発表されました。 この暑さが5年間も続くなんて信じたくないですね!! 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング