天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

台風21号により甚大な被害が発生!休む間もなく台風22号が今週末に日本列島を襲う?

台風21号が23日の午前3時頃、静岡県御前崎市付近に上陸しました。上陸時の勢力や被害の状況などをまとめていきたいと思います~

 

第1弾記事はこちら☟

 

www.tenkinoarekore.com

 

第2弾記事はこちら☟

 

www.tenkinoarekore.com

 

第3弾記事はこちら☟

 

www.tenkinoarekore.com

 

第4弾記事はこちら☟

 www.tenkinoarekore.com

 

f:id:sho11070714:20171023144159p:plain

 

   

   目次

 

1.上陸時の勢力は?

台風21号が23日の午前3時頃、静岡県御前崎市付近に上陸しました。午前3時の勢力を見てみると、、、

f:id:sho11070714:20171023040611p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

 

超大型の台風21号は、中心気圧は950hPaと強い勢力を維持したままの上陸となりました。強風域が直径2000㎞の超大型の台風が日本に上陸した記録はなく、1991年の記録開始以来初となっています。

2.台風の通過コースは?

   台風21号が実際に通過したコース

f:id:sho11070714:20171023142802j:plain

引用:台風情報 - Yahoo!天気・災害

 

気象庁                

f:id:sho11070714:20171022143550p:plain 米軍

f:id:sho11070714:20171022143421p:plain

 ヨーロッパ

f:id:sho11070714:20171022143934g:plain

22日15時時点の各進路予想と照らし合わせると、気象庁・ヨーロッパモデルがいい線をいっていたのではないでしょうか。。

3.台風による降水量・日最大風速・日最大瞬間風速は?

◆23日14時00分までの雨風実況

48時間降水量の日最大値トップ5

1.和歌山県新宮・・・888.5㎜(観測史上1位)

2.三重県尾鷲・・・・795.5㎜(10月としては観測史上1位)

3.三重県御浜・・・・649.5㎜(10月としては観測史上1位)

4.和歌山県色川・・・614.5㎜(10月としては観測史上1位)

5.三重県宮川・・・・574.5㎜

 

日最大風速トップ5

1.東京都三宅坪田・・・35.5m/s(観測史上1位)

2.北海道日高地方・・・32.2m/s

3.新潟県弾崎・・・・・31.9m/s(観測史上1位)

3.東京都神津島・・・・31.9m/s(10月としては観測史上1位)

5.兵庫県神戸・・・・・30.7m/s(10月としては観測史上1位)

 

日最大瞬間風速トップ5

1.東京都三宅坪田・・・47.3m/s

2.東京都神津島・・・・46.3m/s

3.兵庫県神戸・・・・・45.9m/s(10月としては観測史上1位)

3.滋賀県南小松・・・・44.2m/s

5.北海道日高地方・・・43.1m/s

風雨共に凄まじく、各地で観測史上1位の記録を更新しています。

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

 

4.各地の被害状況を教えて。

大阪岸和田では牛滝川の上流で土砂崩れが発生したことで車が水没し、68歳の女性が亡くなりました。この他にも三重県和歌山県でも土砂崩れや河川の氾濫によって犠牲者が出ています。23日正午時点でこれまでに確認された死者は、大阪(2名)・福岡(1名)・三重(1名)・和歌山県(1名)の計5人となりました。

   大阪岸和田          

f:id:sho11070714:20171023141425j:plain

   和歌山県紀の川

f:id:sho11070714:20171023141607j:plain

けが人の情報は消防によりますと、各地で転倒する人が相次ぎ少なくとも89人が怪我を負っています。

 

5.空・陸の便にはどのくらい影響が出た?

陸の便では、北陸新幹線は線路上に倒れた木の影響で富山~東京間で運転が見合わせ・東海道新幹線では関ケ原トンネルで漏水により架線に水がかかり電気が流せなくなり、羽島~米原間で22日10時過ぎから運転が出来ない状況となっています。この他にも山形・山陽新幹線なども運休になるなど全国各地で大きな影響が出ています。

空の便では、羽田や東北の各空港発着する便を中心に361便が欠航となっています。(23日10時時点)

6.熱帯低気圧が発生!台風22号になるの?

23日13時の発表ではまだ熱帯低気圧で、中心気圧は1004hPa・中心付近の最大風速は15m/sとなっています。今後発達し、最大風速が強まれば(17.2m/s以上)台風22号になると思われます。(たぶん24日には台風22号になるはず)

7.台風22号(仮)の進路予想。

ヨーロッパ中期予報センターと米軍の台風22号(まだ熱帯低気圧)の進路予想です。

  ヨーロッパ(23日9時時点)

f:id:sho11070714:20171023132454g:plain

台風21号がいなくなったと思ったら、また同じようなコースで22号が・・・

 

   米軍(23日9時時点)

f:id:sho11070714:20171023125442p:plain

23日9時時点の米軍の進路予想では、発達しながら北上してきて28日9時には日本列島の南まで来る予想となっています。

仮にこのままのコースで進んできたとすると、また今週末に日本列島を襲う可能性があります!!

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

8.まとめ

950hPaと超大型で強い勢力を保ったまま東海地方に上陸した台風22号によって、凄まじい風雨があった事が分かりました。冠水や河川の氾濫なども全国各地で起きており、多数の死者・行方不明者も出ています。

また熱帯低気圧ですが、台風22号になるかもしれない台風の卵が出来ており、週末にまた日本列島を襲うかもしれません。今回の風雨で地盤が緩んでいることから、台風22号の進路にも注意が必要です。  

    

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング