天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

北海道を東日本大震災に匹敵するM8.8以上の超巨大地震の発生が切迫している可能性が高いと地震本部が発表!!

 本日12月19日に北海道で超巨大地震が切迫している可能性について政府から見解が出ましたので、本日の天気のあれこれではその内容についてお届けしたいと思います~

 

地震に関する過去記事 その1☟

www.tenkinoarekore.com

地震に関する過去記事 その2☟  

www.tenkinoarekore.com

地震に関する過去記事 その3☟  

www.tenkinoarekore.com

地震に関する過去記事 その4☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

f:id:sho11070714:20171219142457p:plain

引用:千島海溝沿いの地震活動の長期評価(第三版)のポイント

 

     目次

 

1.北海道沖の千島海溝沿いで、今後30年以内にM8.8以上の『超巨大地震』が発生する確率は最大40%との見解を発表!!

政府の地震調査研究推進本部は、19日に北海道沖の千島海溝沿いで今後30年以内にM8.8以上の『超巨大地震』が発生する確率は最大40%(7~40%)とする見解を発表しました。地震の規模は東日本大震災に匹敵すると考えられており、早急な対策が求められています。

 

2.M8.8クラス以上の地震の発生期間は平均で340~380年。

過去に十勝沿岸で巨大地震に伴う巨大な津波が発生した発生時期と再来間隔です。

f:id:sho11070714:20171219132116g:plain

 

300年~500年とややばらつきがありますが、十勝沖から択捉島沖までを震源とするM8.8以上の地震は、平均340~380年で発生していると言われています。

前回発生したと思われる1611年の慶長三陸地震から400年以上経過しており、地震本部『平均的な間隔の満期を超えており、発生が切迫している可能性が高い』と述べています。

  

3.根室沖は70%・色丹島及び択捉島沖は60%と想定!

M8.8以上の超巨大地震が発生する確率は最大で40%ですが、千島海溝沿いでプレート間巨大地震が起こる確率はもっと高くなっています。

個別の震源域での発生確率を表した図です☟

 

f:id:sho11070714:20171219142457p:plain

引用:千島海溝沿いの地震活動の長期評価(第三版)のポイント

 

十勝沖は2003年に起きているので、M8.0~8.6程度の地震が発生する確率は7%と低いですが、根室沖はM7.8~8.5程度が70%程度・色丹島及び択捉島沖ではM7.7~8.5前後が60%程度と想定されています。

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

4.津波による被害は北海道が700人・本州が200人犠牲になると想定。

2006年の中央防災会議では、巨大地震に伴う巨大津波によって最悪のケースで、北海道で700人・本州で200人が死亡する想定が出されています。

場所が違うので一概には比較出来ませんが、同規模の東日本大震災が死者が15,893人・行方不明者が2,553人の計18,446人となっていることから考えても、2006年の想定は少なすぎる気がしますね。10年以上前の想定からその後見直しがされておらず、来年の内閣府の見直しではさらに多くなる可能性もあります。

 

5.慶長三陸地震では5,000人以上の犠牲者が!!

1611年に発生した慶長三陸地震では、伊達領内で死者5,000人が出たと『駿府記』に記載されています。当時の人口が1,500万人と言われており、現在に換算すると35,000人以上の犠牲者が出たと推定されます。

f:id:sho11070714:20171219141648j:plain

慶長三陸地震の様子)

 

6.慶長三陸地震では、15m~20mの津波が到達!?

1611年に発生した慶長三陸地震では、北海道東部に15m~20mの津波が到達したと言われています。(地層に津波の痕があり)

f:id:sho11070714:20171219133444j:plain

海岸から約5㎞離れた岩手県宮古市にも津波が襲ったとされる石碑も残されています。

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

7.まとめ

北海道を東日本大震災に匹敵する超巨大地震が襲う可能性がかなり高くなってきたといった趣旨の報告が地震本部から発表されました。時間が限られており、早期の地震津波対策をして、少しでも減災していただきたいものですね。 

  

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング