天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

3ヶ月予報では山陰・北陸は平年より多い予想!まさか今年2月の鳥取の90cmオーバー再来か!?

気象庁から3ヶ月予報が出されましたので、本日の天気のあれこれではその内容についてお届けしたいと思います~ 

 

直近の1ヶ月予報はこちら↓ 

www.tenkinoarekore.com

 

f:id:sho11070714:20171227184410p:plain

   

   目次

 

1.北日本は暖冬・西日本は寒冬傾向あり。

1月~3月までの平均気温です。北日本は平年より高め、西日本は平年より低め、東日本は平年並みとなっています。 

f:id:sho11070714:20171227181721p:plain

引用:気象庁|季節予報

 

 続いて月ごとで見ていきましょう。

f:id:sho11070714:20171227182126p:plain

引用:月別の平均気温

 

これを見ると、1月が西日本が平年より低いくらいで、2~3月は少し落ち着くような感じですね。

 

2.北日本の太平洋側・北陸・山陰が多めの予想!太平洋側は全体的に少なめ。

 続いて1月~3月までの降水量です。

f:id:sho11070714:20171227182553p:plain

引用:気象庁|季節予報

 

 北日本の太平洋側と北陸・山陰が平年より多い予想となっていますね。その他の地域は太平洋側を中心に雨は少なそうです。

 

月ごとで見ていきましょう。

f:id:sho11070714:20171227183042p:plain

引用:月別の降水量

 

基本的には1~3月の予想と同じような感じですが、3月は平年並みの地域が多いですね。

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

 

3.山陰・北陸は平年より雪が多い予想!!北日本は少なめ。

  続いて1月~3月までの降雪量です。

f:id:sho11070714:20171227183552p:plain

 引用:気象庁|季節予報

 

 北陸・山陰が平年より多い予想となっていますね。北日本は平年並みか少ないようです。

 

4.シベリア高気圧が強く、アリューシャン低気圧は弱い予想!

数値予報結果をもとにまとめた1月~3月の予想される海洋と大気の特徴です。 

f:id:sho11070714:20171227184410p:plain

引用:予想される海洋と大気の特徴

 

これを見ると、シベリア高気圧が強く西日本は寒気が流れ込みやすく、アリューシャン低気圧が弱く北日本は寒気の流れ込みが弱いようですね。

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

5.まとめ

3ヶ月予報を見る限り、北日本は暖冬傾向、山陰・北陸は寒冬傾向があるようですね。山陰は昨年鳥取市内で90cmオーバーを記録していますし、今年も覚悟した方が良いかもしれませんね。 

  

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング