天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

アメリカを最強寒波が襲う!!そのとき国のトップは呑気に地球温暖化を揶揄するツイートする始末。

日本でも先週最強寒波が北日本を中心に襲いましたが、アメリカでは中西部に歴史的な寒波が襲っているようですね。本日の天気のあれこれでは、アメリカを襲う歴史的な寒波についてお届けしたと思います~

 

f:id:sho11070714:20171229144614p:plain

 

   目次

 

1.アメリカ中西部が歴史的な寒波に襲われる!!

 寒波が続くアメリカでは、27日朝にミネソタ州インターナショナル・フォールズで気温が-38℃まで下がり、93年振りに記録を更新しました。中西部のミズーリ州では、道路の凍結によるスリップ事故などが相次ぎ、5人が死亡・120人以上が怪我をするなど大きな被害が出ています。

 


-38度、ポットのお湯が一瞬で・・・米で記録的寒波(17/12/29)

 

ポットのお湯が一瞬で凍っていますね。

 

2.ペンシルベニア州エリーでは、27日までの積雪が過去最高の165㎝を記録!

 ペンシルベニア州のエリーでは、27日までの積雪が過去最高の165㎝を記録し、自治体が非常事態宣言を出しています。エリー市は、年間の平均降雪量は223 cmとアメリカ合衆国で13番目に降雪量の多い場所ではありますが、12月にこれだけの量がまとまって降ることは珍しく、大きな影響が出ています。

jp.reuters.com

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

 

3.ペンシルベニア州エリーの大雪は記録的寒波と湖水効果雪のせい!?

ペンシルベニア州エリーは、5大湖の1つであるエリー湖の近くに面した都市です。5大湖周辺の降雪量を表した図がこちらです☟ 

f:id:sho11070714:20171229145201p:plain

 5大湖周辺の都市では、湖水効果雪(こすいこうかせつ)と呼ばれる現象が発生しやすく、沿岸部に大雪を降らせることがあります。今回の大雪はこれに記録的な寒波が重なったことで、12月に165㎝も積もる事態になったと思われます。

 

4.この非常事態にトランプ大統領ツイッターを更新し、温暖化をあざけるような投稿をする始末。

こうした非常事態に国のトップであるトランプ大統領ツイッターを更新し、温暖化をあざけるツイートをして物議をよんでいます。

 

日本語訳すると、「米東部では史上『最も寒い』大みそかになるようだ。たぶんわれわれは、古き良き地球温暖化をもうちょっと活用してもいいんじゃないか。わが国は温暖化対策に『何十兆ドルも』つぎこむ予定だったのだから。だが、他の国々は駄目だ。暖かい格好をしよう!」といったところでしょうか。

こんなことをツイートする暇があったら、支援物資やお金でも送ってあげた方が支持率も上がるでしょうに。。

  

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

5.天気と気候変動はイコールではない!

気候変動の話題で良く勘違いされていますが、天気と気候変動はイコールではありません。「天気」はある時刻又は時間帯の気象のことを指し、時間帯としては数分から長くてもせいぜい2~3日程度の事を言います。対して「気候」は、通常は数十年間という大気の総合した状態の移り変わりのこと表します。

なので、今回のトランプ大統領のように、寒波一つで地球温暖化が間違っているなどというのはナンセンスな話ですね。まあ、彼はそれを理解した上で、わざと発言しているきらいもありますが。

 

6.まとめ

アメリカは歴史的な寒波が襲っていますが、来年の初旬には今季最強クラスの寒気が流入するような数値予報の予想となっていますし、日本も他人事じゃないですよね。

それにしても国のトップであるトランプ大統領は呑気にツイッターとか世も末ですね。

 

  

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング