天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

火山性微動を観測した蔵王山が噴火警戒レベル2に初の引き上げ!!本白根山に続いて蔵王山でも噴火はあるのか!?

本日1月30日4時50分に『蔵王山』に関する火山の状況に関する解説情報(臨時)が発表されました。本日の天気のあれこれでは、その内容と噴火の可能性について見ていきたいと思います~ 

 本白根山の噴火に関する過去記事はこちら↓

www.tenkinoarekore.com

www.tenkinoarekore.com

f:id:sho11070714:20180130085440p:plain

  

    目次

 

1.蔵王山って何て読むの?どんな山なの?

蔵王山は(ざおうさん・ざおうざん・ざおうやま)などと読み方は様々です。宮城県山形県にまたがる奥羽山脈の連山で、日本百名山の1つに数えられるくらい全国的に知名度も高い山になります。

主峰は山形県側に位置する熊野岳で標高は1,841mの活火山となり、 気象庁の常時観測対象の47火山に含まれています。

f:id:sho11070714:20180130075052p:plain

引用:気象庁|監視カメラ画像

   

2.蔵王山ってどこにあるの?近くには何がある?

蔵王山宮城県山形県の両県南部の県境に位置しており、近くには火山の恩恵である温泉が両県の裾野に数多く存在し、スキー場も多く設置されています。

場所についてはいつものグーグルマップを載せておきますね。

 

3.気象庁は『蔵王山』に関する火山の状況に関する解説情報(臨時)を発表!!

気象庁は、1月30日4時50分に『蔵王山に関する火山の状況に関する解説情報(臨時)』を発表しています。それによりますと、噴火警戒レベル1 活火山であることに留意が継続されています。 

f:id:sho11070714:20180130082258p:plain

引用:火山活動の状況

 

さらに14時38分に蔵王山の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引上げられました。蔵王山で噴火警戒レベルが2になるのは初の事です!!

想定火口域(馬の背カルデラ)から概ね1.2kmの範囲で警戒が必要となっています。

f:id:sho11070714:20180130161508p:plain

引用:気象庁|報道発表資料

 

 スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

4.蔵王山では28日~30日までに3回の火山性微動が観測!!

蔵王山では、地下の熱水や火山ガスなどの動きを示すと考えられている『火山性微動』が28~30日に3回観測されています。

f:id:sho11070714:20180130082502p:plain

引用:火山活動の状況

 

火山性微動が観測されたのは、2017 年4月3日以来となっています。この他に山頂の南方向が隆起する地殻変動が継続しており、小規模噴火の可能性があります。仙台管区気象台は火山活動の推移に注意するよう呼びかけています。

 

5.蔵王山の過去の火山活動について教えて!

有史以降の蔵王山の火山活動については、こちらのページで気象庁がまとめています。

www.data.jma.go.jp

 

直近で噴火したのは、1940年の小規模な水蒸気噴火のようですね。

 

6.現在の蔵王山の状況を見るには?

気象庁では、上山金谷・刈田岳・遠刈田温泉・御釜北の4つの地点から蔵王山ライブカメラにて監視しています。

f:id:sho11070714:20180130084021p:plain

引用:気象庁|監視カメラ画像

 

監視カメラの画像はこちらから見られます↓

上山金谷の監視カメラ画像 

刈田岳の監視カメラ画像

遠刈田温泉の監視カメラ画像

御釜北の監視カメラ画像

  

残念ながら天候不良のため、御釜を含む馬の背カルデラの状況は確認出来ませんね。

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

7.まとめ

本日気象庁から『蔵王山に関する火山の状況に関する解説情報(臨時)』を発表されました。それによりますと、マグマなどの動きを表わすと言われている火山性微動が28日~30日の間に3回観測されたようです。1940年から噴火をしていない蔵王山ですが、過去3000年噴火していなかった本白根山が前兆なく噴火したばかりなので、油断せずに警戒していきたいところですね。

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング