天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

諏訪湖に5シーズンぶりに『御神渡り』が出現!!これで神様も5年振りに逢引出来る!?

 諏訪湖に5シーズン振りに『御神渡り』が出現したとのニュースが入ってきました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について取り上げたいと思います~

f:id:sho11070714:20180201121920p:plain

  

   目次

 

1.諏訪湖で5シーズン振りに『御神渡り』が出現!!

本日2月1日に諏訪湖で『御神渡り』が出現しました。1月27日に全面結氷した諏訪湖では、八剱神社の宮坂清宮司が湖面の状況を確認し、御神渡りの出現を宣言しました。御神渡り』の出現は、2013年1月以来5シーズン振りの事になります。

headlines.yahoo.co.jp

 

2.『御神渡り』ってそもそもなに?何て読むの?

御神渡り』はおみわたりと読み、冬季の寒冷地で湖面に一部が盛り上がり、氷堤が見られる現象のことを言います。御神渡り諏訪神社などの史料によりますと、14世紀頃から記録されており、寒暖の歴史を研究する貴重な資料として残されています。

 

3.『御神渡り』の出現するメカニズムは?

御神渡り』が出現するには、まず-10℃以下の気温が続く必要があります。この環境が続くと、湖面が全面結氷します。

f:id:sho11070714:20180201123352p:plain

 

更に冷えると、氷が収縮して割れ目が出来上がります。

f:id:sho11070714:20180201123535p:plain

 

日中気温が上がってくると、氷が膨張して割れ目が押し上げられることで、『御神渡り』が出現します!!

f:id:sho11070714:20180201123657p:plain

引用:神秘現象 諏訪湖の「御神渡り」 5年ぶりの出現に期待大 - ウェザーニュース

 

国内でこの現象が発生するのは、諏訪湖と北海道の屈斜路湖塘路湖の3ヶ所だけと言われています。

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

4.近年は『御神渡り』の出現が減少している!!

昭和時代には毎年のように見られた『御神渡り』ですが、近年は、出現する回数が減少傾向にあるようです

以下が昭和時代と平成時代に『御神渡り』が出現した年です↓

昭和時代・・・昭和元年〜6年・8〜11年・13〜23年・25〜27年・29〜32年・34年・36年・38年・40〜43年・45年・49〜53年・55〜61年

平成時代・・・平成3年・10年・15〜16年・18年・20年・24〜25年・30年←NEW

 

かつては10年連続で見られたこともあったようですが、平成に入ってからは2年連続すれば良い方ですね。地球温暖化の影響なのでしょうか?

 

5.『御神渡り』は男の神様が女の神様に会いに行くための道と言われている!!

御神渡り』は伝説によれば、諏訪神社上社の男神建御名方神(タケミナカタノカミ)が下社の女神・八坂刀売神(ヤサカトメノカミ)のもとへ通った道筋と言われており、諏訪地方には、今でも神様の恋の通い道『御神渡り』という民話が残されています。

f:id:sho11070714:20180201125507j:plain

引用:信州諏訪暮らし-暮らし応援サポートセンター >諏訪のあれこれ

 

6.今後『御神渡り』を認定する神事『拝観式』が行われる予定。

八剱神社では、近く総代会を開き正式に『御神渡り』を認定する神事『拝観式』の日程を決めることにしています。

2013年に『拝観式』が行われた際の映像がYou Tubeにあったので、載せておきますね。


2013諏訪湖の御神渡り拝観式.

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7.諏訪湖の上は立入禁止!!危険なので入らないこと!!

御神渡りが出現した諏訪湖では、連日観光客が詰め掛けています。諏訪湖の上は立入禁止で規制ロープを設けているのですが、それを乗り越えて歩いたと思われる足跡が残っているようです。

確かに諏訪湖の氷は大人が乗っても大丈夫なくらいの厚さにはなっていますが、場所によって氷の厚さにムラがあり、割れて落ちてしまう可能性もあります。危険なので、絶対に湖上には入らないようにして下さい!!

headlines.yahoo.co.jp

 

8.まとめ

諏訪湖で5シーズン振りに『御神渡り』が出現したようです。近年は減少傾向にあったので、地元では歓喜の声が上がっているようです。『御神渡り』は男の神様が女の神様に会いにいった道と言われており、神様も5年振りに会えて良かったですね♪ 

  

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング