天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

南米で18cmの雹が見つかる!!公式認定されれば世界2番目の大きさか!?

2月8日の午後アルゼンチン北部のコルドバでは、巨大な雹が降ってきたようです。そこで本日の天気のあれこれでは、その雹について見ていきたいと思います~

f:id:sho11070714:20180213160132p:plain

 

   目次

 

1.南米で18cmの雹が降ってきた!!

南米アルゼンチンでは、8日の午後に北部のコルドバで巨大な雹が発見されました。

発見された巨大な雹はこちら↓

 この雹の直径は18cmもあり、サッカーボールくらいの大きさのものが降ってきたことになります!!

 

2.公認されれば世界2位の大きさか!!

今回の直径18cmの雹は公認されれば、世界で2番目の大きさになると思われます。もちろん南半球で降った雹としては、1番大きいサイズです!!

このサイズの雹が降ってきた動画もありましたので、こちらからご覧下さい↓

 

 こんなのが頭に当たったら首がもげちゃいそうですね。。

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.ギネス記録に載っているのはアメリカの20cmの雹!!

世界最大でギネスに載っているのは、2010年7月23日にサウスダコタ州のViVianで降った直径20㎝・重さは878gの雹になります。

当時の雹の写真はこちら☟(巻き尺はインチだと思われる。1インチ=2.54㎝)

f:id:sho11070714:20171018150259j:plain

今回南米で降った雹と比べると、一回り以上大きく見えますね。

  

4.日本では非公認ながら、直径29.6cm・重さ3.4kgの雹が降ったと記録がある!!

 詳しくはこちらの過去記事に書いていますが、日本では1917年(大正6年)6月29日に直径29.6cm・重さ3.4kgの雹が降ってきたと、中央気象台(今の気象庁)に記録されています。こちらは残念ながら公認されておらず、幻の世界記録となっています!!www.tenkinoarekore.com

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.まとめ

今回南米のアルゼンチンで直径18cmの雹が降ってきたようです。これが公認されれば南半球では1番の大きさになると思われます。ギネス記録にはアメリカで降った20cmの雹が登録されていますが、過去には非公認ながら日本でそれ以上の雹が降ったという記録もあるようです。それにしてもシャレにならない大きさですね。 

  

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング