天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

霧島連山・硫黄山に火口周辺警報が発表!噴火警戒レベルも2に引き上げ!!

本日20日11時40分に気象庁から霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の噴火警戒レベルが2に引き上げれましたので、本日の天気のあれこれではその内容について見ていきたいと思います~

霧島連山関連の過去記事はこちら↓ 

www.tenkinoarekore.com

www.tenkinoarekore.com

www.tenkinoarekore.com

www.tenkinoarekore.com

www.tenkinoarekore.com

 

f:id:sho11070714:20180220141754p:plain

 

   目次

 

1.硫黄山って何て読むの?どんな山なの?

黄山いおうやまと読みます。九州南部に位置し、標高は1,317mで、山頂には直径約100mの浅い火口があります。 

f:id:sho11070714:20180220135127p:plain

昨年噴火した新燃岳の近くですね。

 

2.そもそもどこなの?

黄山韓国岳の北西のえびの高原に位置し、山体の西斜面に宮崎県道・鹿児島県道1号小林えびの高原牧園線が走っています。そこからは徒歩数分程度でアプローチでき、車道と火口の標高差は50m程度で登山は容易です。

いつものグーグルマップを載せておきますね。

3.今までに噴火したことあるの?

黄山は有史以来で確認されている噴火は2回のみであり、いずれもマグマ噴火です。最初の噴火は1300年~1500年とされており、この時にえびのB1テフラが形成されました。2度目の噴火は1768年に発生し、韓国岳の北西の斜面から溶岩が噴出し、えびのB2テフラが形成されています。

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

4.今回の噴火警戒レベル引き上げに至るまでの時系列を教えて!

2月15日8時頃   低周波地震が2回発生。噴火警戒レベルは1が継続。

2月19日       火山性地震が増加。19日は17回発生。

2月20日11時40分 福岡管区気象台鹿児島地方気象台から火口周辺警報

        (噴火警戒レベル2に引き上げ・火口周辺規制)を発表。

          20日11時までに18回の火山性地震が発生。

f:id:sho11070714:20180220140406p:plain

 引用:気象庁 | 噴火警報・予報 | 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)

 

今のところ火山性地震が増えていますが、地下の熱水や火山ガスなどの動きを示すと考えられている『火山性微動』は、観測されていませんが、霧島山では新燃岳や御鉢などで火山活動が活発化していますし、警戒はした方が良さそうですね。

 

5.噴火警戒レベルって何?何段階あるの?

噴火警戒レベルは、レベル1~5までの5段階に区分して発表される指標です。

 

レベル5(避難)危険な居住地域での避難等が必要。

レベル4(避難準備)警戒が必要な居住地域での避難の準備、要配慮者の避難等が必要。

レベル3(入山規制)登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制等。状況に応じて要配慮者の避難準備等。

レベル2(火口周辺規制)火口周辺への立入規制等。

レベル1(活火山であることに留意)状況に応じて火口内への立入規制等。

 

レベル1から始まり段階的に引き上げられていきます。2月20日14時現在ではレベル2です。

 

6.今どうなっているのか見たいんだけど。

黄山の現在の状況はライブカメラで見る事が出来ます。

 

ライブカメラの映像はこちらから☟

www.data.jma.go.jp

 

白い煙が上がっているのが確認出来ますね。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7.まとめ

本日気象庁から霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の噴火警戒レベルが2に引き上げれました。火山活動が高まっており、今後小規模噴火が発生する恐れがあります。また霧島山全体が新燃岳・御鉢など火山活動が活発化しているので、特に警戒をした方が良さそうです!!

 

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

天気・気象学ランキング