天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

本日2月23日は富士山の日!活火山で過去に大規模噴火をしていることを忘れないように!!

 本日2月23日は語呂合わせで富士山の日とされています。そこで本日の天気のあれこれでは、富士山について取り上げたいと思います~

f:id:sho11070714:20180223082933j:plain

 

   目次

 

1.富士山は日本で一番高く、有名な山!!

富士山は標高が3776.24mと日本最高峰の独立峰で、その優美な風貌から日本国外問わず、日本の象徴として知られている日本で最も有名な山です!!

古くから絵画などでも描かれており、江戸時代後期に描かれた葛飾北斎富嶽三十六景は多くの方が見たことがありますよね。

f:id:sho11070714:20180223083502j:plain

 

2.2013年には富士山が世界遺産登録される!!

2013年6月22日には、第37回世界遺産委員会にて、富士山が世界遺産に登録が決定しています。富士山の世界遺産登録までには、世界遺産条約の批准から21年の歳月をかかっており、如何に大変だったかが分かりますね。

www.fujisan-whc.jp

 

3.富士山には気象観測を行う測器が備わっている!!

かつては測候所が設けられていた富士山ですが、2004年に測候所が閉鎖され、それ以降は富士山特別地域気象観測所として、自動気象観測装置による気象観測を行っています。

f:id:sho11070714:20180223084607j:plain

 

送られてきた数値を見てみると、23日8時時点で-21.7℃となっていますね。

f:id:sho11070714:20180223084758p:plain

引用:2018年02月23日 富士山(フジサン) 毎正時の観測データ

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

4.富士山は立派な活火山!!

かつては富士山のように噴火の記録はあるが現在は活動していない火山を休火山と呼んでいたこともあって、富士山を活火山だと認識していない方もいるかもしれませんが、立派な活火山です。

1960年代からは気象庁も噴火の記録のある火山をすべて活火山と呼ぶ事にしています。1977年には火山予知連絡会が『噴火の記録のある火山及び現在活発な噴気活動のある火山』を活火山と定義して77火山を選定しました。2018年現在では、全国で活火山は111となっています。

f:id:sho11070714:20180223085313p:plain

引用:気象庁|活火山とは

 

5.過去には1707年の噴火で大規模噴火をしている!!

2018年2月現在は、富士山の噴火警戒レベルは1で、活火山である事に留意となっていますが、過去には1704年に大規模噴火をしています。

www.data.jma.go.jp

 

1704年の大規模噴火では火砕流などは発生しませんでしたが、時速100kmとも言われている火砕流などが流れ出すことも想定されますので、事前に避難するなどの対策が必要なのです。

f:id:sho11070714:20180223091759p:plain

 

6.富士山には地震計や監視カメラなどしっかりと監視体制は取れている!!

現在、富士山には監視カメラはもちろんのこと、地震計や傾斜計などの観測測器や人工衛星を使ったGNSSなど観測体勢が強化されています。

f:id:sho11070714:20180223085745p:plain

引用:気象庁|監視カメラ画像

 

富士山は噴火したら、神奈川や東京のほぼ全域に2㎝以上の火山灰が積もると予想されており、最大で約2兆5千億円にものぼる甚大な被害が想定されています。

f:id:sho11070714:20180223090717p:plain

影響の大きさを考えると、当然の体勢ですね。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7.まとめ

我々日本人にとって最も身近な山と言っても良い富士山ですが、しばらく噴火がないくらいで、立派な活火山なのです。かつては大規模噴火を起こしており、一度発生すれば東京にも2㎝以上の火山灰が積もることも想定されています。

良い機会なので、今一度富士山が活火山であることを再認識し、防災対策をしっかりとしておきたいものですね。 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング