天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

福島県沖を震源とするM5.7の地震が発生!200㎞以上離れた東京でも震度2を観測!!

本日26日1時33分に福島県沖を震源とするM5.7の地震が発生しました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~

f:id:sho11070714:20180226084340p:plain

 

   目次

 

1.福島県沖を震源とするM5.7の地震が発生!!

本日26日1時33分頃に、福島県沖付近を震源とするM5.7に地震が発生しました!震源の深さは約40㎞で、この地震による津波の心配はないようです。 

f:id:sho11070714:20180226084340p:plain

引用:気象庁|地震情報

 

2.福島県では震度4・東京都心でも震度2を観測!!

福島県沖のM5.7地震による各地の震度は以下の通りです☟ 

f:id:sho11070714:20180226084944p:plain

f:id:sho11070714:20180226085122p:plain

f:id:sho11070714:20180226085235p:plain

f:id:sho11070714:20180226085554p:plain

f:id:sho11070714:20180226085741p:plain

f:id:sho11070714:20180226085828p:plain

引用:気象庁|地震情報

 

福島県で震度4とかなり揺れたようですね。東京や神奈川でも震度2を観測しており、かなり大きな地震だったことが分かります。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.福島県沖では最近地震が頻発している!!

福島県沖では、M3以上の地震が今年に入ってから頻発しています!!

f:id:sho11070714:20180226090950p:plain

引用:福島県沖を震源とする地震情報 - 日本気象協会 tenki.jp

 

今回の地震も含めて12回も発生していますね!!

 

4.三陸沖から房総沖では、茨城沖で30年以内に70%程度・繰り返し発生するプレート間地震は90%程度もしくはそれ以上!!

福島県及び周辺の主要活断層帯と海溝で起こる地震を見てみましょう。 

f:id:sho11070714:20180226091506p:plain

引用:福島県の地震活動の特徴 - 地震調査研究推進本部

 

これを見ると、福島県沖ではM7.4の地震が今後30年間に発生する確率は10%とかなり低いですが、茨城県沖でM6.9~7.6の地震が発生する確率は70%程度とかなり高い予想となっています。

しかも繰り返し発生するプレート間地震(M6.7~7.2)では、茨城県沖で今後30年間に発生する確率は90%程度もしくはそれ以上となっており、ほぼほぼ起きると思っていた方が良い状況です!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.まとめ

本日福島県沖でM5.7の地震が発生しましたが、この地震により福島県では震度4を観測した地点が結構あったようです。200㎞以上離れた東京や神奈川でも震度2を観測するなどかなり大きな地震だったみたいですね。

福島県沖では海震型地震が今後30年に発生する確率は10%とかなり低いですが、茨城県沖はM6.9~7.6が70%と高い予想となっています。しかも繰り返し発生するプレート間地震(M6.7~7.2)は今度30年間で発生する確率が90%程度もしくはそれ以上と予想されており、ほぼほぼ起きると思われます。いつ来ても良いように、備えだけはしっかりとしておいた方が良いかもしれませんね。

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング