天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

日本の気象庁が東南アジア各国の航空気象情報を支援することに!!日本人として誇らしいね!!

 日本の気象庁が東南アジア各国の航空気象情報を支援することが決まりました。そこで本日の天気のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~

f:id:sho11070714:20180308135753p:plain

 

   目次

 

1.日本の気象庁が東南アジア各国の航空気象情報を支援することに!!

日本の気象庁は、東南アジアの気象当局の担当者が『シグメット情報』を適切に作成できる新たなシステムを開発し、4月から支援することが決まりました!!今回支援の対象となる国は、ラオスミャンマー・フィリピン・タイ・ベトナムの5カ国です!! 

www3.nhk.or.jp

 

2.『シグメット情報』ってなに?

『シグメット情報』とは、強い乱気流や着氷・雷電・台風・火山の噴煙等が観測または予想される場合にその現象の広さや高度及び移動速度について、予想期間を示して発表しています。このシグメット情報は、国内外の気象機関や管制官パイロットなどに提供される航空機の運航には欠かせない重要な情報になります!!

 

 

3.『シグメット情報』は各国の気象当局が作成することが義務付けられている!!

『シグメット情報』は、国際民間航空機関(ICAO)によって、各国の気象当局が作成するよう義務付けられています。  

8日11時50分(08日0250UTC)に日本の気象庁で発表されたシグメット情報はこんな感じですね↓

f:id:sho11070714:20180308133052p:plain

引用:気象庁|航空気象情報|シグメット情報(SIGMET)

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

4.東南アジアでは予報官の経験不足などが原因で適切に『シグメット情報』が作成出来ないケースも出ていた!!

東南アジアでは、予報官の経験不足などが原因で適切に『シグメット情報』が作成出来ないケースも出ていました!

こちらは昨年7月21日の発表されたシグメット情報です↓

f:id:sho11070714:20180308135753p:plain

下側の赤いところはベトナムが発表・左上の赤いところはタイが発表したのですが、積乱雲はラオスにもかかっていました。黄色で囲まれた2箇所については本来シグメット情報を出す必要がありましたが、ラオスは出していませんでした!!

 

5.ひまわり8号で撮影した画像をスパコンで分析し、各国の気象当局へ提供!!

こうしたこともあり、日本の気象庁ひまわり8号で撮影した衛星画像をスーパーコンピューターで分析して、積乱雲などの位置を割り出し、各国の気象当局へ提供することになりました!!

『シグメット情報』をすぐに作れる共通のフォーマットも準備することで、各国の予報官が素早く『シグメット情報』が出せるように支援します!!

 

6.これまで予測しきれなかった悪天域が避けられる可能性が高くなると期待!!

日本の気象庁の支援により、これまでに東南アジア各国が予測しきれなかった悪天域がしっかりと発表されることで、的確に悪天域を避けられるようになると期待されています。日本の技術が世界の航空機の運航に役立つことは、日本人としても誇らしいですね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7.まとめ

この度日本の気象庁が 日本の気象庁が東南アジア各国の航空気象情報を支援することが決まりました。これにより今までより正確な『シグメット情報』が提供されることとなり、運航の安全性が向上することが期待されています。日本の技術が世界の航空会社の役に立つことになりますし、日本人として誇らしい話ですね!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング