天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

霧島連山・新燃岳では25日には噴煙は2,100mまで上昇・小規模な火砕流も発生!!

霧島山新燃岳)では、25日16時00分に霧島山新燃岳)火山の状況に関する解説情報第48号が発表されました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180326082715p:plain

 

   目次

 

1.新燃岳では25日15時までに火山性地震108回・火山性微動2回・爆発的な噴火1回観測!!小規模な火砕流も発生!!

霧島連山新燃岳では、25日16時00分に発表された『霧島山(新燃岳) 火山の状況に関する解説情報 第48号』によりますと、25日に噴火が2回発生し、そのうち1回が爆発的噴火でした。

噴煙が火口縁上2,100mまで上昇し、ごく小規模な火砕流新燃岳火口の中心から西側へおよそ800m流下しました。この連続噴火は、13時00分まで継続しています。

 

 3月23日以降の火山性地震火山性微動・爆発的な噴火の回数は以下の通りです。

f:id:sho11070714:20180326080953p:plain

引用:火山の状況に関する解説情報(霧島山(新燃岳)第48号)平成30年3月25日16時00分

 

2.新燃岳の噴火警戒レベルは3を継続!!

霧島山新燃岳)では、活発な火山活動が続いており、噴火警戒レベル3(入山規制)が継続しています!!

新燃岳火口から概ね3㎞の範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石、及び新燃岳火口から概ね2㎞の範囲では火砕流に警戒してください。

 

 

3.溶岩流は22日に比べて、さらに3m流下!!

霧島市牧園町から実施した観測では、24日16時頃に北西側斜面の溶岩は、22日10時頃に比べて約3m流下しました。なお、観測を開始した9日18時頃以降では、約77m流下しています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

4.火山ガスは1日あたり300トンとやや多い状態が継続!!

24日に実施した現地調査では、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は1日あたり300トン(前回22日は600トン)でした。また、新燃岳西側斜面の割れ目付近の噴気は、引き続きやや多い状態が継続していることを確認しています。

 

5.傾斜計では噴火に伴い、山体がわずかに隆起沈降する変動を観測!

高千穂河原観測点の傾斜計では、噴火に伴い山体がわずかに隆起沈降する変動が観測されています。火山活動も活発化しており、今後の火山情報に注意してください。

 

6.新燃岳のリアルタイムの状況が見たい!! 

気象庁の監視カメラの画像はこちらから見られます↓

www.data.jma.go.jp

  

静止画じゃなくて動画で見たいという方はこちらがおすすめです↓

新燃岳ライブカメラ高原町から撮影)


新燃岳ライブカメラ(高原町から撮影)

 

新燃岳の今の様子(都城市方面から撮影)


新燃岳の今の様子(都城市方面から撮影)

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7.まとめ 

霧島連山新燃岳では、爆発的な噴火に伴って噴煙は2,100mまで上昇・小規模な火砕流も発生しました。火山活動は依然活発化した状態が継続しており、今後の火山情報に注意して下さいね!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング