天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

霧島連山・硫黄山では7日未明から増大していた地震計の震動は6日以前の状態に!ただ、霧島山の深い所では再びマグマが蓄積している可能性も!!

霧島連山・硫黄山では、依然火山活動がやや高まった状態が続いています。そこで本日の天気のあれこれでは、硫黄山の火山活動の様子を見ていきたいと思います~

f:id:sho11070714:20180414074458p:plain

 

   目次

 

1.霧島連山・硫黄山の火山の状況に関する解説情報 第26号を発表!!

気象庁は、13日16時00分に『霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)火山の状況に関する解説情報 第26号』を発表しました!!それによりますと、7日未明から硫黄山近傍の地震計で震動の振幅が増大していましたが、11日20時以降振幅は小さくなり、6日以前の状態に戻りました。

 

2.火山性地震は依然多い状態が継続!!

霧島連山・硫黄山では、火山性地震はやや多い状態が継続しています。浅い所を震源とする低周波地震が時々発生しています。ちなみに火山性微動は観測されていません。

 

4月9日以降の火山性地震(ごく微小な地震を含む)の回数は以下の通りです↓ 

f:id:sho11070714:20180414073741p:plain

引用:火山の状況に関する解説情報(霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)第26号)平成30年4月13日16時00分

 

3.噴火警戒レベルは2(火口周辺規制)を継続!!

霧島連山・硫黄山では、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)を継続しています!!火口から概ね1㎞の範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒して下さい!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

4.地殻変動観測では3月中旬頃から硫黄山付近が隆起する変動が見られている!!  

9日・10日にえびの高原から実施した現地調査では、硫黄山西側の噴気地帯の活動に特段の変化は認められませんでした。また地殻変動観測では、3月中旬頃から硫黄山付近が隆起する変動がみられています。

 

5.リアルタイムで硫黄山の状況を見たい!!

気象庁の監視カメラの画像はこちらから見られます↓ 

www.data.jma.go.jp

 

 

6.霧島連山全体で火山活動が活発化しており、警戒が必要!!

霧島連山・硫黄山では、火山性地震が依然多い状態が続いており、火山活動が活発化しています!!ただ、マグマの動きを示すと言われている火山性微動は観測されていません。

霧島連山全体で火山活動が活発化しており、今は新燃岳で活発な火山活動が続いていますが、そっちが収まったら、今度は硫黄山ということも考えられます。警戒だけはしっかりとしておいた方が良さそうです!!

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

7.まとめ

霧島連山・硫黄山では、7日未明から硫黄山近傍の地震計で震動の振幅が増大していましたが、11日20時以降振幅は小さくなり、6日以前の状態に戻っています。ただ、火山活動が活発化しており、最新の火山情報に注視して下さい。

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング