天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

中国政府は3月における全国の大気汚染状況を発表!北京市のPM2.5の濃度は前年同月比の4割アップ!!

中国政府は3月における全国の大気汚染の状況について発表がありました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~  

f:id:sho11070714:20180415105415j:plain

 

   目次

 

1.中国政府は3月における全国の大気汚染状況を発表!!

中国政府・生態環境部は4月13日に、3月における全国の大気汚染の状況を発表しました!!それによりますと、北京市での汚染の深刻さが特に目立ったようです!!

 

2.北京市ではPM2.5の濃度は前年同月比39.7%増!!

北京市では、3月の大気の質が『優良』と判断された日は前年同月比14.6%減の46.7%、PM2.5の濃度は同39.7%増の1㎥あたり88μg(マイクログラム)・PM10は同32.1%増の111μgでした!!

 

3.1~2月は中国の大気の質は改善していた!!

北京市では、1~2月の大気の質が『優良』だった日は前年同期比23.8%増の78.0%、PM2.5の濃度は同55.8%減の1㎥当たり42μg・PM10は同37.6%減の68μgと大気汚染の改善していた矢先でした!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

4.日本での1㎥あたりのPM2.5の濃度は、1日35μm以下が望ましいとされている!!

環境省のHPを見てみると、日本でのPM2.5の濃度は1年平均値で15μg/㎥かつ1日平均値で35μg/㎥以下が望ましいとされています。

f:id:sho11070714:20180415104711p:plain

引用:環境省_微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

 

5.中国では1㎥あたりのPM2.5の濃度は1日75μm以下!!

日本では、PM2.5の濃度は1日平均値で35μg/㎥以下が望ましいとされていますが、中国では75μg/㎥以下が基準となっています。日本よりかなり基準は高めですが、それにしても3月の数字はかなり厳しいようですね!!

 

6.PM2.5が急増した原因は?

PM2.5が急増した原因は専門家によりますと、北京周辺地域では3月は前年と比べて風が弱い日が目立って多かったこと、暖房を多く使用する時期には規制されていた工業企業の活動が改めて活発になったために、工業活動による汚染が大きく増加したことが大気の質を悪化させたと見られています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7.まとめ 

中国政府は3月における全国の大気汚染の状況について発表がありました。それによりますと、1~2月は大気汚染の改善していましたが、3月は急増したようです。ただでさえ中国は日本より基準自体も高いのに、それをオーバーする数値が記録されたとなると大変ですね。日本にも流れてこないと良いのですが。

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング