天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

総務省消防庁は南海トラフ沿いで東側で巨大地震が起きても、西側の7県からは救援は出さないことに決定!連動を警戒!!

総務省消防庁南海トラフ地震が東側で起きた際に、西側に圧7県は緊急消防援助隊を原則出動しないことを決めました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~  

f:id:sho11070714:20180423100519p:plain

 

   目次

 

1.南海トラフ地震が東側で起きた場合は、西側の7県は緊急消防援助隊を原則出動させない!

総務省消防庁南海トラフ地震が東側で起きた際に、西側にある7県は緊急消防援助隊を原則出動しないことを決めました。

headlines.yahoo.co.jp

 

2.救助は少しでも多いに越したことはないんじゃないの!?

もちろん救助は少しでも多いに越した事はないのですが、南海トラフ地震ではかつて東側で巨大地震が起きた後に、西側でも発生した例がある事から、救助体制が手薄になる可能性を考慮したとの事です。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.対象の7県は九州・四国・近畿!!

今回緊急消防援助隊を原則出動させないことに決まった7県は、九州・四国・近畿地方の太平洋側にある県です。具体的には近畿からは和歌山県、四国は全てで愛媛・香川・高知・徳島県、九州からは大分・宮崎県となっています!!

f:id:sho11070714:20180423100519p:plain


4.160年前は東海地震の発生後、32時間後に発生!!

南海トラフ地震では、震源域全体で起こるほかに、東側で東海地震などが発生した後、時間をおいて西側が連動した例が知られています。ちなみに160年前に起きたケースでは、時間差は32時間だったようです。

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.まとめ

総務省消防庁南海トラフ地震が東側で起きた際に、西側に圧7県は緊急消防援助隊を原則出動しないことを決めました。南海トラフ地震ではかつて東側で巨大地震が起きた後に、西側でも発生した例がある事から、救助体制が手薄になる可能性を考慮したとの事です。160年前の事例では、32時間後だったようなので、こればかりは仕方ないですね。

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング