天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

洪水など緊急速報メールの対象を現在の160から291へ対象拡大!本日5月1日から運用へ!!

国土交通省は、本日5月1日から緊急速報メールに川の氾濫や洪水の危険線が高まった場合に、国が管理するすべての河川の流域を対象に配信することになりました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180425085742p:plain

 

   目次

 

1.5月から国が管理する全ての河川の流域を対象に、緊急速報メールを導入!

国土交通省は、本日5月1日から川の氾濫や洪水の危険性が高まった場合に住民の携帯電話などに送られる『緊急速報メール』について、国が管理するすべての河川の流域を対象に配信を始めることになりました。

 

2現在は全国160の河川の流域しか対象じゃなかった!!

この『緊急速報メール』は、3年前の関東・東北豪雨を教訓に国土交通省が一昨年9月から始めたもので、配信されるエリアは、現在は国が管理する全国160の河川の流域にとどまっています。これが5月1日から一気に293の河川に増える事になります!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.緊急速報メールは氾濫危険水位に達したりすると自動で配信される!

『緊急速報メール』は、氾濫危険水位に達したり、川の水が堤防を越えてあふれ出した場合などに配信されるもので、事前の登録は必要なく流域にいる人の携帯電話に自動的に送信さられます。

 

4.素早い避難行動に繋がるか!?

今回の『緊急速報メール』の対象の拡大によって、素早い避難行動に繋がることが期待されています。国土交通省は「メールを活用し、素早い避難など適切な行動につなげてほしい」と呼びかけています。

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.まとめ

国土交通省は、本日5月1日から川の氾濫や洪水の危険性が高まった場合に住民の携帯電話などに送られる『緊急速報メール』について、国が管理するすべての河川の流域を対象に配信を始めることになりました。これにより現在の160の河川から一気に293の河川に拡大するとの事です。素早い避難行動に繋がることが期待されますね。

  

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング