天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

インド北部で砂嵐が発生し、少なくとも100人が死亡、140人以上が負傷!!まるでハリケーンが通り過ぎた跡みたい!!

インド北部で3日にかけて砂嵐が発生し、少なくとも100人が死亡・140人以上が負傷したようです。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180503181659p:plain

 

 

   目次

 

1.2日夜~3日にかけてインド北部で砂嵐が発生!!

インド当局によりますと、砂嵐は2日の夜から3日にかけて北部ウッタルプラデシュ州と西部ラジャスタン州を襲いました。現地では36m/s以上の砂嵐により、木や壁が倒れる被害が出ています。

headlines.yahoo.co.jp

 

2.砂嵐によって少なくとも100人が死亡・140人以上が負傷!!

この砂嵐によって、少なくとも100人が死亡、140人以上が負傷しています。死者の内訳としては、ウッタルプラデシュ州で65人・ラジャスタン州で33人・パンジャブ州で2人の死亡が確認されています。特にウッタルプラデシュ州のアグラが最も深刻な被害を受けており、40人以上が死亡しています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.世界遺産のタージマハルは無事だった模様!!

今回最も被害の酷かったアグラには、UNESCOに世界遺産登録されているタージマハルがありますが、被害を免れたとの事です。ただ、先月の砂嵐の際にはタージマハルの門の一部が損壊していました。

 

4.インドでは4月~5月は砂嵐のシーズン!!

インドでは、毎年4月~5月頃に雨を伴った砂嵐が首都ニューデリーを含む北部一帯を襲うことで知られています。インドでは、夏季に高温を避け外で眠る人々が多く、当局によると犠牲者の多くは就寝中に家屋や壁の倒壊・木々や電柱が倒れてきたことで死亡したとの事です。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.まとめ 

 インド当局によりますと、砂嵐は2日の夜から3日にかけて北部ウッタルプラデシュ州と西部ラジャスタン州を襲いました。この砂嵐によって、少なくとも100人が死亡、140人以上が負傷しています。この時期はインドでは砂嵐が良く来るようですが、36m/sとか台風並みですね!木が根っこから抜けるなど、まるでハリケーンが過ぎた後のようです。

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング