天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

連休明けは大雨・落雷・竜巻・突風に警戒!8日6時までに多いところで近畿地方180㎜、九州北部・東海地方150㎜、関東甲信地方130㎜、九州南部地方120㎜の予想!

前線の影響で日本列島の広い範囲で大荒れとなっています。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180507124938p:plain

 

   目次

 

1.気象庁は大雨と雷及び突風に関する全般気象情報 第2号を発表!

気象庁によりますと、西日本では7日夜にかけて、東日本では7日朝から夜にかけて雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨になるところがありそうです。

大雨と雷及び突風に関する全般気象情報 第2号

 

2.低気圧は7日夜には関東の東海城へ達する見込み!

前線を伴った低気圧が山陰沖にあって、前線が東海地方へのびています。低気圧は7日日中に本州の南岸を東北東へ進み、7日夜には関東の東海上へ達する見込みです。また前線は7日夜にかけて西日本を南下する見込みです。

本日7日09時の天気図です☟

f:id:sho11070714:20180507124938p:plain

引用:気象庁 | 天気図

  

7日21時の天気図です☟

f:id:sho11070714:20180507125008p:plain

引用:気象庁 | 天気図

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.8日6時までの24時間に予想される雨量はいずれも多いところで近畿地方180㎜、九州北部・東海地方150㎜、関東甲信地方130㎜、九州南部地方120㎜の予想!

大雨と雷及び突風に関する全般気象情報 第2号によりますと、8日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、、、

近畿地方・・・・・・・・180㎜

九州北部・東海地方・・・150㎜

関東甲信地方・・・・・・130㎜

九州南部地方・・・・・・120㎜

となっています。

  

4.大雨による土砂災害・浸水・落雷・竜巻・突風などに注意!!

前線の通過に伴って、大雨による土砂災害・低い土地の浸水・河川の増水に注意・警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。 

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

5.まとめ

気象庁によりますと、西日本では7日夜にかけて、東日本では7日朝から夜にかけて雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨になるところがありそうです。8日6時までの24時間に予想される雨量は、近畿地方180㎜、九州北部・東海地方150㎜、関東甲信地方130㎜、九州南部地方120㎜となっています。大雨による土砂災害・低い土地の浸水・河川の増水に注意・警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風・雹にも注意が必要です。

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング