天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

富山湾で季節外れの『だるま朝日』が出現!冬型蜃気楼と言われる『下位蜃気楼』の一種の『だるま朝日』が見られたのはかなりレア!!

富山湾でこの時期では珍しい『だるま朝日』が見えたようです。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180511141159p:plain

 

   目次

 

1.富山湾で『だるま朝日』が出現!!

本日11日に富山湾で『だるま朝日』と呼ばれる現象が見られました。この『だるま朝日』は蜃気楼の一種で、空気の密度が鉛直方向に急激に変化している状態の時に風景が歪んで見える『下位蜃気楼』現象になります。十分に冷やされた空気の下層が海面により暖められることで密度差が大きくなり、下側に朝陽の虚像が見えることでだるま型になるとされています。

 

2.蜃気楼には『下位蜃気楼』と『上位蜃気楼』がある!

蜃気楼には大きく分けて、『上位蜃気楼』と『下位蜃気楼』があります。上位蜃気楼は遠くの景色が上下に伸びたり上下反転して見える蜃気楼で、下位蜃気楼は遠くの景色が下に映ったように見える蜃気楼になります。

f:id:sho11070714:20180511135220p:plain

 

 

3.富山湾では蜃気楼が見られることで有名!!

以前もこのブログで取り上げましたが、富山湾は蜃気楼が見られる場所として有名です。ちなみに春先には春型蜃気楼と呼ばれる『上位蜃気楼』が発生しやすいと言われています。

www.tenkinoarekore.com

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

4. 『下位蜃気楼』がこの時期に見られるのは珍しい!!

今回出現した『下位蜃気楼』は、富山湾では『冬型蜃気楼』と呼ばれており、四季を通じて見られる現象ではありますが、この時期に見られるのはかなり珍しいです。

 

5.何で今日は『下位蜃気楼』が見えたの?

昨夜にかけて日本列島上空を通過した寒気の影響に加え、放射冷却現象が強まったため、今朝の氷見市は最低気温が4.9℃までグッと下がりました。一方で富山湾の海面水温は、最も低い時期に比べて5℃前後上昇しており、この時期としては比較的温度差が大きくなったため出現したと見られています。

 

6.明日以降も『下位蜃気楼』を見るチャンスはある?

既に上空の寒気が抜けていることから、明日以降『下位蜃気楼』を見ることは難しそうです。特に週末から来週にかけては、気象庁から異常天候早期警戒情報が出されている通り気温の上昇が予想されているので、まず見られないと思った方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7.まとめ

 富山湾でこの時期では珍しい『だるま朝日』が出現しました。富山湾は蜃気楼が良く見られるポイントとして有名ですが、この時期に見られるのは春型の蜃気楼である『上位蜃気楼』であり、『下位蜃気楼』の『だるま朝日』が見られたのはかなりレアですね。明日以降は寒気が既に抜けている&気温の上昇もあり、『だるま朝日』が見られる可能性は低そうです。見られた人はラッキーでしたね!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング