天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

富士山で春の風物詩『農鳥』が出現!古くから田植えなど農作業をする目安に!!

本日11日に富士山に『農鳥』が出現したと富士吉田市から発表がありました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180511174623p:plain

 

   目次

 

1.富士山で春の風物詩『農鳥』が出現!!

本日11日に富士吉田市から富士山に『農鳥』が出現したと発表がありました。

f:id:sho11070714:20180511174400p:plain

引用:富士山の農鳥

 

2.『農鳥』ってなに?

農鳥は(のうとり)と呼ばれ、この時期4月後半~5月中旬頃に富士山の7~8合目あたりに現れる鳥の形をした残雪の事を指します!古くから『農鳥』が現れると田植えなど農作業をする目安ともされていたと言われています。今では農作業が早まって、『農鳥』が出現する頃に田植えが行われているとのことです。

f:id:sho11070714:20180511174623p:plain

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.『農鳥』の歴史は300年以上前からある!

『農鳥』の歴史を遡ってみると、文化十一年(1814)に完成した『甲斐国志』と同じ時期に書かれた『隔掻録(かくそうろく)』に農鳥の記述があります!少なくとも300年以上前から『農鳥』はあったようですね。

 

4. 2018年の『農鳥』の出現は平年並み!

富士吉田市の発表した資料によりますと、「今年は4月に気温が高い日が続き、富士山の雪解けも進んでいましたが、先日の富士山の積雪もあって本日薄い雪のベールに包まれた農鳥が出現。時期は概ね例年並み」とのことです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.まとめ

本日富士山に『農鳥』が出現したと富士吉田市から発表がありました。農鳥はこの時期4月後半~5月中旬頃に富士山の7~8合目あたりに現れる鳥の形をした残雪の事で、300年以上の歴史をもっています。2018年の『農鳥』の出現では概ね例年並みのようですね。しばらくはこの『農鳥』が見られると思いますので、山梨方面に行かれる予定のある方は是非見てみて下さい。

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング