天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

13日19時31分頃に岩手県沖を震源とするM5.1の地震が発生!津波の心配はなし!盛岡市では震度3を観測!!

13日19時31分頃に岩手県沖を震源とするM5.1の地震が発生しました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180514193748p:plain

 

   目次

 

1.13日19時31分頃に岩手県沖を震源とするM5.1の地震が発生!

13日19時31分頃に岩手県沖を震源とするM5.1の地震が発生しました。震源の深さは約20㎞で、この地震による津波の心配はありません。

f:id:sho11070714:20180514193748p:plain

引用:気象庁|地震情報

 

2.岩手県内陸北部では震度3を観測!

この地震により、岩手県内陸北部では震度3を観測しています!!

f:id:sho11070714:20180514194000p:plain

引用:気象庁|地震情報

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.緊急地震速報(予報)も発表!!

今回の地震では、緊急地震速報(予報)も発表されています☟  

f:id:sho11070714:20180514194549p:plain

引用:気象庁|緊急地震速報(予報)発表状況

 

地震波検知からわずか数秒で出されていますね!

 

4.岩手県沖を震源とする地震は今年に入ってから19回も発生している!!

岩手県沖を震源とする地震は、今年に入ってから既に19回も発生しています☟

f:id:sho11070714:20180514194304p:plain

引用:岩手県沖を震源とする地震情報 - 日本気象協会 tenki.jp

 

震度3は4月19日以来ですね。 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.三陸沖北部から房総沖の海溝寄りでは、30年以内にMt8.6~9.0前後の巨大地震が発生する確率は30%程度!!

岩手県及び周辺の主要活断層帯と海溝で起こる地震を見てみましょう。 

f:id:sho11070714:20180514194807p:plain

引用:岩手県の地震活動の特徴 - 地震調査研究推進本部

 

これを見ると、岩手県周辺では三陸沖北部から房総沖の海溝寄りでの津波地震(Mt8.6~9.0前後)が30年以内に発生する確率は30%程度となっています!!

この他にもM7クラスの地震は、三陸沖北部で繰り返し発生する地震以外の地震(M7.0~7.6)が90%程度、宮城県沖で繰り返し発生する地震以外の地震(M7.0~7.3)が60%程度、三陸沖南部海溝寄りで繰り返し発生する地震以外の地震(M7.2~7.6)が50%程度と軒並み高い確率となっています!

 

6.まとめ

13日19時31分頃に岩手県沖を震源とするM5.1の地震が発生しました。震源の深さは約20㎞で、岩手県内陸北部では震度3を観測しています!!岩手県沖では、三陸沖北部から房総沖の海溝寄りでの津波地震(Mt8.4~9.0前後)が30年以内に発生する確率は30%程度となっています!!いつ来ても良いように、備えだけはしっかりとしておいた方が良いかもしれませんね。

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング