天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

18日03時42分頃に釧路沖を震源とするM5.8の地震が発生!北海道では今後30年以内に東日本大震災と匹敵するM8.8以上の地震が発生する確率は最大40%!!

18日03時42分頃に釧路沖を震源とするM5.8の地震が発生しました。そこで本日の天気のあれこれでは、この地震ついて見ていきたいと思います~

北海道の地震に関する過去記事はこちら☟ 

www.tenkinoarekore.com

www.tenkinoarekore.com

 

f:id:sho11070714:20180518075700p:plain

   

   目次

 

1.釧路沖を震源とするでM5.8の地震が発生!!

18日03時42分頃に釧路沖を震源とするM5.8の地震が発生しました!!

f:id:sho11070714:20180518075700p:plain

 引用:気象庁|地震情報

 

震源の深さは約80㎞で、この地震による津波の影響はありません!!

 

2.根室地方南部では震度4を観測!!

この地震により、根室地方南部では震度4を観測しました。この地震により震度3以上が観測されたのは以下の地域です☟

f:id:sho11070714:20180518080020p:plain

 引用:気象庁|地震情報

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

3.緊急地震速報(予報)も発表!!

釧路沖を震源とする地震では、緊急地震速報(予報)も発表されています。

f:id:sho11070714:20180518081417p:plain

 

引用:気象庁|緊急地震速報(予報)発表状況

 

地震波検知から数秒で発表していますね!!

 

4.釧路沖を震源とする地震は今年に入ってから6回発生!いずれもM4以上!!

釧路沖を震源とする地震は今年に入ってから6回発生しています。いずれもM4以上と比較的大きな地震となっていますね!!

f:id:sho11070714:20180518080307p:plain

引用:釧路沖を震源とする地震情報 - 日本気象協会 tenki.jp

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

      

5.今後30年の間にM8.8以上の『超巨大地震』が起こる確率は?

政府の地震調査研究推進本部は、北海道沖の千島海溝沿いで今後30年以内にM8.8以上の『超巨大地震』が発生する確率は最大40%(7~40%)とする見解を発表しています。

また千島海溝沿いでプレート間巨大地震が起こる確率はもっと高くなっています。

個別の震源域での発生確率を表した図です☟

 

f:id:sho11070714:20180414045650p:plain

引用:千島海溝沿いの地震活動の長期評価(第三版)のポイント

 

根室沖はM7.8~8.5程度のプレート間巨大地震・ひとまわり小さいプレート間地震ではM7.0~7.5程度が80%程度と想定されています。

 

6.まとめ

18日03時42分頃に釧路沖を震源とするM5.8の地震が発生しました!!この地震により津波の心配はありません。この地震により根室地方南部では震度4を観測しています。

根室沖のM7.9程度の地震は、今後30年以内に60%・ひとまわり小さいプレート間地震(同間隔17.5年)では、M7.1前後の地震は十勝沖・根室沖で発生する確率は80%程度・沈み込んだプレート内のやや深い地震でも十勝沖・根室などでM7.5程度が70%とかなり高い確率となっています。いつ来てもいいように、備えだけはしっかりとしておいた方が良いかもしれませんね!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング