天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

【悲報】最大規模の高潮で東京で110兆円・大阪で121兆円の経済被害が発生する恐れがあると指摘!洪水では荒川の氾濫で62兆円・淀川で13兆円!!

土木学会の推計では、東京や大阪が想定される最大規模の高潮に襲われると、最悪の場合はそれぞれ100兆円を超える経済被害が発生するおそれがあることがわかりました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180608073622p:plain

 

   目次

 

 

1.東京や大阪を最大規模の高潮が襲うと、それぞれ最大100兆円の被害に!

土木学会の推計では、東京や大阪が想定される最大規模の高潮に襲われると、最悪の場合はそれぞれ100兆円を超える経済被害が発生するおそれがあることが判明しました。

 

2.高潮では大阪湾で121兆円・東京湾で110兆円・伊勢湾で169兆円のおそれ!

土木学会が浸水による建物などの直接の被害に加え、交通の寸断や生産設備の被害などによる1年余りにわたる経済への影響も推計した結果、いずれも最悪の場合では大阪湾の高潮で121兆円・東京湾の高潮で110兆円・伊勢湾の高潮で19兆円の被害が発生するおそれがあるとしています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.洪水では東京の荒川の氾濫で62兆円・愛知県の庄内川で25兆円・大坂の淀川で13兆円のおそれ!

土木学会の推計では、洪水に関しては東京の荒川の氾濫で62兆円・愛知県の庄内川などの氾濫で25兆円・大阪の淀川の氾濫で13兆円の被害が発生するおそれがあるとしています。

  

4.海岸や河川の堤防の対策をすれば、高潮は3~6割・洪水は6~10割軽減出来ると試算!

土木学会の委員会は、海岸や河川の堤防の高さを上げ、高潮や洪水が越えた場合でも壊れにくい構造に整備し直せば、経済被害を高潮では3~6割・洪水では6~10割減らすことが出来ると試算しています。そのうえで、堤防を強化する対策を段階的に行うよう国などに提言しています。 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

    

5.まとめ

土木学会の推計によりますと、高潮では最大で大阪湾の高潮で121兆円・東京湾の高潮で110兆円・伊勢湾の高潮で19兆円の被害が発生するおそれがある事が分かりました。また洪水では、東京の荒川の氾濫で62兆円・愛知県の庄内川などの氾濫で25兆円・大阪の淀川の氾濫で13兆円の被害が発生するおそれがあるとしています。かなり絶望的な数字ですが、委員会では海岸や河川の堤防の高さを上げて高潮や洪水が越えた場合でも壊れにくい構造に整備し直せば、経済被害を高潮では3~6割・洪水では6~10割減らすことが出来ると試算しており、早期の対策が求められますね。 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング