天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~

【気象情報】大潮による高い潮位に関する全般潮位情報 第1号が発表!台風とのダブルパンチで、満潮時間帯を中心に沿岸部や低地では浸水や冠水の恐れあり!!

8日11時に気象庁地球環境・海洋部から大潮による高い潮位に関する全般潮位情報 第1号が発表されました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180609123546p:plain

  

   目次

 

 

1.『大潮による高い潮位に関する全般潮位情報 第1号』を発表!!

気象庁地球環境・海洋部は、8日午前11時に『大潮による高い潮位に関する全般潮位情報 第1号』を発表しました。

大潮による高い潮位に関する全般潮位情報 第1号

それによりますと、6月14日の新月の前後は大潮の時期にあたり、満潮の時間帯を中心に潮位が高くなるようです。

 

2.太平洋側沿岸では満潮の時間帯を中心に浸水や冠水のおそれあり!

東北地方から関東地方北部にかけての太平洋沿岸・近畿地方中国地方四国地方・九州北部地方・九州南部の沿岸の一部では、6月12日~6月18日にかけて、満潮の時間帯を中心に海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがありますので注意をして下さい!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.特に東北地方から関東地方北部にかけての太平洋沿岸では東北大震災で地盤が大きく沈下している!

特に東北地方から関東地方北部にかけての太平洋沿岸では、平成23年(2011年)に発生した東北地方太平洋沖地震により、地盤が大きく沈下しています。 満潮の時間帯を中心に海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがありますので注意をして下さい!

 

4.台風の通過と重なると、短時間で潮位が上昇する可能性も!

6月12日~6月18日の潮位が高くなる期間中に、台風や低気圧の通過等があった場合や、短時間に海面が昇降を繰り返す副振動の発生等があった場合は、さらに潮位が上昇する可能性があります。

 

ちょうど台風が北東進する予想となっており、これは警戒が必要ですね!! 

www.tenkinoarekore.com

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

    

5.まとめ 

8日11時に気象庁地球環境・海洋部から大潮による高い潮位に関する全般潮位情報 第1号が発表されました。 それによりますと、6月14日の新月の前後は大潮の時期にあたり、満潮の時間帯を中心に潮位が高くなるようです。タイミングが悪いことにちょうど台風が接近する予想となっており、短時間で潮位が上昇する可能性がありますので、海には近づかないほうが懸命ですね。

  

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング