天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

西日本豪雨で愛媛県・肱川の野村ダムなど6府県の8ダムで『異常洪水時防災操作』を実施!国土交通省四国地方整備局は野村・鹿野川ダムの適切操作を強調!!

西日本豪雨愛媛県肱川の野村ダムなど6府県の8ダムの水量が当時満杯に近づき、流入量と同規模の量を緊急的に放流する『異常洪水時防災操作』が行われていたことが分かりました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180712103904p:plain

  

   目次

 

1.6府県の8ダムで『異常洪水時防災操作』を実施!

西日本豪雨愛媛県肱川の野村ダムなど6府県の8ダムの水量が当時満杯に近づき、流入量と同規模の量を緊急的に放流する『異常洪水時防災操作』が実施されていたことが分かりました。

 

2.『異常洪水時防災操作』とは?

『異常洪水時防災操作』は、洪水調節を行っている場合において、更に洪水時最高水位サーチャージ水位)を超える予測の場合に、ダムからの放流量を流入量まで徐々に増加させる操作が行われます。このような操作を『異常洪水時防災操作(ただし書き操作)』と呼びます。ただし書き操作は、貯水位がただし書き操作開始水位に達した後に実施します。なお、ただし書き操作開始水位は、関係者(国、県、阿南市那賀町、利水者、地元)との協議を経て決定しています。 

f:id:sho11070714:20180712103904p:plain

引用:異常洪水時防災操作(ただし書き操作)について

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.全国558の治水ダムのうち213ダムで『洪水調節』が行われた!

今回の豪雨では、全国558の治水ダムのうち213ダムで、下流へ流れる水量を調整する『洪水調節』が行われていました。このうち野村・鹿野川(愛媛県)、野呂川広島県)、日吉(京都府)など8ダムで、異常洪水時防災操作で大量の放流が実施されたとの事です。  

 

4.野村・鹿野ダムの操作は適切と強調!

一連の豪雨による肱川水系の氾濫で、国土交通省四国地方整備局が11日に愛媛県大洲市中村の同省大洲河川国道事務所で会見し、野村ダム(西予市)の48時間の流域平均雨量が計画の約1.2倍の419㎜に達するなど、想像を超えたことを明らかにしました。鹿野川ダム(大洲市)も同約1.1倍の380㎜だったが、ともにダム操作は適切との認識を強調しています。

headlines.yahoo.co.jp

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.愛媛県西予市では逃げ遅れて5人が犠牲に!

愛媛県西予市野村町では、7日早朝に町内を流れる肱川が一気に増水し、中心部の広範囲が水につかり、逃げ遅れたとみられる5人が犠牲になっています。

headlines.yahoo.co.jp

 

6.愛媛県西予市では『ダムの放水量が増える』という情報は住民に伝えていなかった!

愛媛県西予市は午前5時10分に同町内の一部に避難指示を発令しましたが、防災行政無線で「肱川が氾濫する危険性があるので、すぐに避難して」と呼びかけたが、「ダムの放水量が増える」という情報は発信していませんでした。

   

7.まとめ

西日本豪雨愛媛県肱川の野村ダムなど6府県の8ダムの水量が当時満杯に近づき、流入量と同規模の量を緊急的に放流する『異常洪水時防災操作』が行われていたことが分かりました。愛媛県西予市野村町は肱川が一気に増水し、中心部の広範囲が水につかり、逃げ遅れたとみられる5人が犠牲になっています。 『異常洪水時防災操作』は必要なことだと思いますが、しっかりと住民に周知してからやらないといつまでもこうしたことはなくならないのかもしれませんね!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング