天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

小笠原諸島・西之島でごく小規模な噴火発生!2017年8月以来約11ヶ月ぶり!!

小笠原諸島西之島で12日にごく小規模な噴火発生しました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180712180618p:plain

 

  

   目次

 

1.小笠原諸島西之島で12日に噴火が発生!

気象庁地震火山部は12日16時15分に、小笠原諸島西之島『火山の状況に関する解説情報 第1号』を発表しました。 それによりますと、海上保安庁によれば、本日(12日)12時24分頃に西之島の火口付近から茶色の噴煙が上がっているのが確認されました。西之島ではごく小規模な噴火が発生しています。西之島での噴火は2017年8月以来、11ヶ月ぶりとなります。

 

2.溶岩の噴出はない模様!!

気象衛星ひまわりの観測によると、西之島の地表面温度は2017年7月頃から徐々に低下し、8月頃から周囲とほとんど変わらない状態となっており、本日12日も変化は認められません。このことから、溶岩が噴出するような活動には至っていないと考えられます。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.気象庁は火口周辺警報(火口周辺危険)を継続!

気象庁は、6月20日に発表した火口周辺警報(火口周辺危険)を継続しています!!

f:id:sho11070714:20180712181629p:plain

引用:噴火警報(火口周辺)(西之島)平成30年6月20日18時00分

 

4.火口から概ね500mの範囲では大きな噴石に警戒!

火山活動に明らかな低下が認められ、噴火の可能性が低くなっていますが、火口付近に噴気や高温領域が確認されており、小規模な噴火が発生する可能性は否定できないことから、火口から概ね500mの範囲では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

5.まとめ

小笠原諸島西之島で12日にごく小規模な噴火発生しました。西之島での噴火は昨年8月以来、11カ月ぶりです。溶岩が噴出するような活動には至っていないと考えられますが、火口から概ね500mの範囲では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。 

  

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング