天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

小笠原諸島・西之島で13日午後に溶岩流を確認!気象庁は噴火警報(火口周辺)を発表し、火口周辺警報(入山規制)に引き上げ!!

13日午後小笠原諸島西之島で溶岩が流れ出ているのが、海上保安庁の上空からの観測でわかりましたそこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180712180618p:plain

   

   目次

 

1.小笠原諸島西之島で12日に噴火が発生!

海上保安庁によれば、12日12時24分頃に西之島の火口付近から茶色の噴煙が上がっているのが確認されました。西之島ではごく小規模な噴火が発生しています。西之島での噴火は2017年8月以来、11ヶ月ぶりとなります。 

www.tenkinoarekore.com

  

2.13日午後の上空からの観測では溶岩の流出も確認!!

本日(13日)午後に第三管区海上保安本部所属の航空機による上空からの観測が行われました。それによりますと、西之島で活発な噴火活動が続いており、溶岩の流出も確認されています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.気象庁は火口周辺警報(入山規制)に引き上げ!

気象庁は、7月13日22時に噴火警報を発表し、火口周辺警報(火口周辺危険)から火口周辺警報(入山規制)に引き上げられています。

f:id:sho11070714:20180713222510p:plain

引用:噴火警報(火口周辺)(西之島)平成30年7月13日22時00分

 

4.火口から概ね1.5㎞の範囲では大きな噴石や溶岩流に警戒!

気象衛星ひまわりの観測によると、12日夜から西之島付近で周囲に比べて温度の高い領域が認められています。これらのことから、西之島では今後も噴火の規模が拡大する可能性がありますので、火口から概ね1.5㎞の範囲では噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石や溶岩流に警戒してください。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

5.まとめ

小笠原諸島西之島で12日にごく小規模な噴火が発生していましたが、13日午後には溶岩流も確認されています。これを受けて気象庁は、7月13日22時に噴火警報を発表し、火口周辺警報(火口周辺危険)から火口周辺警報(入山規制)に引き上げられています。西之島では今後も噴火の規模が拡大する可能性がありますので、火口から概ね1.5㎞の範囲では噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石や溶岩流に警戒してください。

  

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング