天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

小笠原諸島・西之島で新たな火口から断続的噴火を確認!再び火山活動が活発化か!?

今月12日に新たに噴火が確認された小笠原諸島西之島について、海上保安庁が上空から調べた結果、島の東側にある火口で断続的に噴火が起きていることが確認されました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180721085958p:plain

   

   目次

 

1.西之島では去年8月以来となるごく小規模な噴火を確認!

小笠原諸島の父島の西およそ130㎞にある西之島では、今月12日に去年8月以来となるごく小規模な噴火が確認されました。

www.tenkinoarekore.com

 

2.新たな火口から長さ600mにわたって溶岩が流出!200mの噴煙も!

海上保安庁が18日に上空から調べた結果、山の東側の斜面にできた新たな火口から長さ600mにわたって溶岩が流れ出ている様子が確認されました。 またこの火口からは灰色の噴煙がおよそ200mの高さまで上がっていたほか、青紫色の火山ガスが連続的に出ていたということです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.西之島は火山活動は再び活発な状態になっている!

調査に同行した東京工業大学の野上健治教授は、「新しいマグマが地下の浅い部分まで供給されていて、火山活動は再び活発な状態になっている。溶岩の流出がしばらく継続すると考えられる」と話しています。  

 

4.西之島では『入山危険』を示す火口周辺警報を発表!

気象庁は、西之島では今後噴火の規模が拡大する可能性もあるとして、引き続き『入山危険』を示す火口周辺警報を発表し、火口からおおむね1.5㎞の範囲では大きな噴石や溶岩流に警戒するよう呼びかけています。  

www.tenkinoarekore.com

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

5.まとめ

今月12日に新たに噴火が確認された小笠原諸島西之島について、海上保安庁が上空から調べた結果、島の東側にある火口で断続的に噴火が起きていることが確認されました。気象庁は 西之島では今後噴火の規模が拡大する可能性もあるとして、引き続き『入山危険』を示す火口周辺警報を発表し、火口からおおむね1.5㎞の範囲では大きな噴石や溶岩流に警戒するよう呼びかけています。

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング