天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

福島県相馬市・宮城県石巻市で8年振りに海開き!ただ福島県内ではまだ14ヶ所の海水浴場が再開出来ておらず、復興がなかなか進まない現実を再認識!!

東日本大震災津波で大きな被害に遭った福島県相馬市の原釜尾浜海水浴場と宮城県石巻市渡波海水浴場が21日に、津波被害の復旧を終えて8年ぶりに海開きしました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180722082427p:plain

  

   目次

 

1.津波被害に遭った相馬市・石巻市の海水浴場が8年振りに海開き

東日本大震災津波で大きな被害に遭った福島県相馬市の原釜尾浜海水浴場と宮城県石巻市渡波海水浴場が21日に、津波被害の復旧を終えて8年ぶりに海開しました。

f:id:sho11070714:20180722082427p:plain

 

2.相馬市の海水浴場には震災前は毎年3万~5万人が訪れていた!

福島県相馬市の原釜尾浜海水浴場には、震災と東京電力福島第1原発事故前は遊泳期間中に毎年3万~5万人が訪れていましたが、津波被害の復旧がなかなか進まず再開までに8年の月日がかかってしまいました!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.相馬市が実施した水質検査でも放射性物質は基準値以下!

相馬市が平成27年から始めた水質検査では、放射性物質は国の基準値以下が続き、防波堤の復旧工事やがれきの撤去も完了しました。これを受けて、8月19日まで6軒の海の家が営業する予定となっています!福島県内には18ヶ所の海水浴場のありますが、これまでに再開したのはいわき市の3ケ所だけだったので、これで4ヶ所目ですね!!

 

4.石巻の海水浴場は津波で砂が流されたため、700m離れた場所で海開き

宮城県石巻市渡波海水浴場は津波で砂が流されたため、震災前から西に約700m離れた砂浜が残る場所に開設しました。防潮堤や駐車場の整備も完了し、今年からの海開きとなったようですね。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

5.まとめ

東日本大震災津波で大きな被害に遭った福島県相馬市の原釜尾浜海水浴場と宮城県石巻市渡波海水浴場が21日に、津波被害の復旧を終えて8年ぶりに海開きしました。ただ、福島県内では18ヶ所あった海水浴場の内、今回を入れてもまだ4ヶ所しか再会できておらず、被災地ではなかなか復興が進んでいないなと思わされる1件ですね。 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング