天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

気象庁の発表では関東甲信地方・東海地方・近畿地方・中国地方は統計開始以来7月中旬としては最も高い記録的な高温に!今後さらに2週間程度は気温の高い状態が続く見込み!!

気象庁は23日15時05分に『東日本と西日本の長期間の高温に関する全般気象情報 第1号』を発表しています。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180723164145p:plain

 

  

   目次

 

1.気象庁は『東日本と西日本の長期間の高温に関する全般気象情報 第1号』を発表!

気象庁は23日15時05分に『東日本と西日本の長期間の高温に関する全般気象情報 第1号』を発表しています。

東日本と西日本の長期間の高温に関する全般気象情報 第1号

 

2.東日本では6月下旬・西日本でも7月9日頃から気温がかなり高い日が続出!

『東日本と西日本の長期間の高温に関する全般気象情報 第1号』によりますと、東日本では6月下旬から気温の高い状態が続いています。7月9日頃からは、東日本に加え西日本でも太平洋高気圧に覆われて、晴れて気温のかなり高い日が続いています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.関東甲信地方・東海地方・近畿地方・中国地方は統計開始以来7月中旬としては最も高い記録的な高温に!

7月中旬の平均気温は、関東甲信地方は平年差+4.1℃・東海地方は+3.6℃・近畿地方は+3.4℃・中国地方は+3.1℃と1961年の統計開始以来、7月中旬としては最も高く、記録的な高温となっています。

f:id:sho11070714:20180723165048p:plain

引用:東日本と西日本の長期間の高温に関する全般気象情報 第1号

 

4.気温の高い状態はさらに2週間程度続く見込み!

『東日本と西日本の長期間の高温に関する全般気象情報 第1号』によりますと、東日本と西日本では、7月9日頃から気温のかなり高い日が続き、記録的な高温となっています。気温の高い状態は、今後さらに2週間程度は続く見込みです。熱中症などの健康管理、農作物や家畜の管理等に十分注意してください。

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

5.まとめ

気象庁は23日15時05分に『東日本と西日本の長期間の高温に関する全般気象情報 第1号』を発表しています。それによりますと、関東甲信地方は平年差+4.1℃・東海地方は+3.6℃・近畿地方は+3.4℃・中国地方は+3.1℃と1961年の統計開始以来、7月中旬としては最も高く、記録的な高温となっています。この異常な暑さはさらに2週間は続く見込みとなっており、熱中症などの健康管理、農作物や家畜の管理等に十分注意してください。 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング