天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

WMOは今年の夏は世界各地で異常気象が起こっていると発表!地球温暖化が熱波や干ばつをより深刻にしていると指摘!デスバレーではこの数日間に53℃に達する恐れも!

世界気象機関は24日にスイスのジュネーブで記者会見を開き、この1週間の世界の気象について発表しました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~  

f:id:sho11070714:20180725061841p:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

   目次

 

1.WMOは地球温暖化が熱波や干ばつをより深刻にしていると指摘!

世界気象機関(WMO)は24日にスイスのジュネーブで記者会見を開き、この1週間の世界の気象について発表しました。

 

2.この夏の異常気象は世界規模!

この会見の中で担当者は、日本の埼玉県熊谷市で23日に41.1℃と観測史上最も高い気温となるなど日本の各地で連日猛烈な暑さになっていることや、ノルウェーなどヨーロッパ北部も熱波で気温が30度を超え、干ばつや森林火災が起きていることなどを挙げて、この夏世界各地で異常気象が起きていると指摘しています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.WMOは地球温暖化が熱波や干ばつをより深刻にしていると指摘!

原因についてWMOは、勢力の強い高気圧に長い間覆われるなど、直接の原因は地域ごとに異なるものの、地球温暖化が熱波や干ばつの頻度を増やし、より深刻なものにしていると指摘しました。  

 

4.異常な暑さは世界各地で今後も続く見通し!

WMOによりますと、異常な暑さは世界各地で今後も続く見通しで、アメリカ西部カリフォルニア州のデスバレーでは、この数日の間に最高気温が53度に達するおそれがあるということです。 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.WMOの担当者は猛烈な暑さが長期化するようになると警戒を呼びかけ!

WMOの担当者は、「地球温暖化が、異常気象が起こりやすい環境を作り出している。猛烈な暑さがより長期にわたって続くようになっている」と述べて、警戒するよう呼びかけています。

   

6.まとめ

世界気象機関は24日にスイスのジュネーブで記者会見を開き、この1週間の世界の気象について発表しました。その発表の中で、日本やヨーロッパ北部の猛暑を取り上げ、世界的にこの夏は異常気象が起きていると話しています。直接の原因こそ違えど、地球温暖化が作用しており、今後もこうした猛烈な暑さが長期間にわたって続くようになると警戒を呼びかけています。こんなのが毎年来ると思ったら、今から嫌になりますよね。 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング