天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

気象庁は8月1日に7月の天候について発表!東日本では平年+2.8度と7月として1946年の統計開始以来第1位に!『平成30年7月豪雨』・熊谷で41.1℃と国内最高更新もあったし、色々とヤバい月だった!!

気象庁は1日に7月の天候について発表しました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180801165657p:plain

 

   目次

 

1.気象庁は7月の天候について発表!!

気象庁は1日に2018年7月の天候について発表しました☟

www.jma.go.jp

  

2.東日本では7月としては統計開始以来1位、西日本では同2位に!

7月は太平洋高気圧の勢力が日本付近で強かったため、北・東・西日本では月平均気
温がかなり高く、東日本では7月として1946年の統計開始以来第1位、西日本では第2位の高温となりました。また23日には熊谷で日最高気温が41.1℃となり、歴代全国1位を更新しています!

f:id:sho11070714:20180801165657p:plain

引用:平均気温平年差(℃)2018年7月

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.『平成30年7月豪雨』が発生!

7月は梅雨前線や台風第7号の影響で、西日本を中心に全国的に記録的な大雨となり、『平成30年7月豪雨』が発生しました。また、北日本日本海側と西日本太平洋側および沖縄・奄美で、月降水量がかなり多くなっています!

f:id:sho11070714:20180801170600p:plain

引用:降水量平年比(%)2018年7月

 

4.東日本日本海側では日照時間が7月としては統計開始以来1位に!

東日本と西日本日本海側では、太平洋高気圧に覆われて晴れた日が多かったため、月間日照時間はかなり多かくなりました。東日本日本海側の月間日照時間は、7月として1946年の統計開始以来第1位となっています!!

f:id:sho11070714:20180801171125p:plain

引用:日照時間平年比(%)2018年7月

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

5.まとめ

気象庁は1日に7月の天候について発表しました。それによりますと、北・東・西日本では月平均気温がかなり高く、東日本では7月として1946年の統計開始以来第1位、西日本では第2位の高温となったようです。7月には『平成30年7月豪雨』もありましたし、色々とヤバい月でしたね!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング