天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

7月末の京阪電鉄のパンタグラフ変形は連日の猛暑の影響だった!今後架線の点検回数を増やすなどして再発防止を図る方針!

7月30日に京阪電鉄パンタグラフが変形した車両トラブルについて、猛暑の影響で架線がゆるんだことが原因だと分かりました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180803201742p:plain

   

   目次

 

1.京阪本線パンタグラフが破損し、約20万人の足に影響が!

7月30日に京阪本線で架線から電気を受け取るパンタグラフが破損し、2度にわたって計約3時間にわたって、鴨東線中之島線を含む全線の運転を見合わせました。駅間で止まった2本の電車の乗客計1,700人が約2時間車内に閉じ込められ、うち8人が体調不良で病院に搬送されています。朝のラッシュ時と重なったこともあり、約20万人の足に影響が出ました。

headlines.yahoo.co.jp

 

2.8月3日に先日のパンタグラフ変形について会見!

先月末に京阪電鉄パンタグラフが変形した車両トラブルについて、会社は8月3日に記者会見を行いました!

www3.nhk.or.jp

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.パンタグラフの破損は猛暑が原因!!

先月末のパンタグラフの破損は、連日の猛暑の影響で架線が伸びたるんだ状態になったことで、架線とパンタグラフが接触しました。これによりパンタグラフが通常よりも高い位置まで押し上がり、そばにある金具に引っかかったことが原因だと判明したようです。

 

4.架線の点検回数を増やすなどして再発防止を図る方針!

駅と駅の間には架線の張り具合を自動で調整する装置がありますが、車庫と駅の間にはなく、手動で調整しているようです。京阪電鉄では、今後架線の点検回数を増やすなどして、再発防止を図るとしています。   

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク  

 

5.まとめ

7月30日に京阪電鉄パンタグラフが変形した車両トラブルについて、猛暑の影響で架線がゆるんだことが原因だと分かりました。連日異常な暑さが続いていますからこうしたことも対策をしないといけないとは会社も大変ですね!! 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング