天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

【台風情報】台風13号の進路予想は気象庁・米軍・ヨーロッパモデル共に関東直撃コースを予想!日本の南の海面水温は29℃前後と高く発達したまま直撃するかも!?

台風13号『サンサン』は、発達しながら北北西進しています。このまま本州に直撃してしまうのでしょうか?そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~  

台風13号の最新記事はこちらです☟ 

www.tenkinoarekore.com

  

f:id:sho11070714:20180806043354p:plain

    

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

       

   目次

 

 

1.6日03時現在は中心の気圧は970hPa・最大風速は35m/s・最大瞬間風速は50m/s!

6日03時現在の台風13号『サンサン』は、小笠原近海にあって、中心の気圧は970hPa・中心付近の最大風速は35m/s・最大瞬間風速は50m/sとなっています!!  

f:id:sho11070714:20180806040746p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

 

2.台風13号は9日頃に関東に直撃か!?

気象庁の進路予想を見てみましょう☟

f:id:sho11070714:20180806040448p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

 

仮に予報円の中心を通るとしたら、関東に直撃コースとなっています。あまり昨日の予想とは変わっていませんが、若干東寄りに変わっていますね。

昨日の予想がこちらです☟   

www.tenkinoarekore.com

    

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

     

3.米軍の進路予想でもギリギリ関東上陸コース!

気象庁は関東直撃コースを予想していますが、米軍はどんな進路予想はどうなっているのでしょうか?

米軍の進路予想がこちらです☟

f:id:sho11070714:20180806041127p:plain

引用:Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

 

気象庁ほどではありませんが、ギリギリ関東上陸コースとなっています。米軍の進路予想も気象庁と同様に東寄りのコースに変わってきており、ちょっとコースが読めませんね!

昨日の予想がこちらです☟   

www.tenkinoarekore.com

   

4.ヨーロッパモデルでは関東に上陸を予想!!

続いてヨーロッパ中期予報センターの予想を見てみましょう☟

f:id:sho11070714:20180806041901g:plain

引用:ECMWF Forecasts

 

あまり昨日までとコースは変わっていませんが、気象庁・米軍の進路予想とほぼ同じ感じですね!

昨日の予想がこちらです☟   

www.tenkinoarekore.com

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.07日03時には父島まで北上し、中心気圧は955hpaまで勢力が強まる予想!

では、上陸前の台風13号はどの程度の勢力になる予想なのでしょうか?

07日03時時点で中心気圧は955hPa・中心付近の最大風速は40m/s・最大瞬間風速は60m/sと強い勢力を予想しています!

f:id:sho11070714:20180806042425p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

 

08日03時には965hPa・09日03時には975hPaと上陸の前にやや勢力が落ちる予想としていますが、本当に弱まるのでしょうか?

 

6.日本の南の海上の海面水温は29℃前後と高い!

気象庁の発表している日本の南の海上の日別海面水温がこちらです☟

f:id:sho11070714:20180806043011p:plain

引用:気象庁 | 海面水温に関する診断表、データ 日別海面水温

 

日本の南の海上の海面水温は29℃前後と非常に高くなっており、台風が陸地に近づいても勢力を落とさない可能性があります。

一般的には台風の発達には海面水温が27℃以上の必要があると言われており、十分に条件を満たしていますね。このまま接近時までに勢力を落とさなければ、雨や風による影響が大きくなりますので、今後の予報に十分な注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7.7日にかけて小笠原諸島では暴風・高波に警戒!

気象庁は6日04時37分に『平成30年 台風第13号に関する情報 第17号』を発表しています。それによりますと、台風の接近に伴って小笠原諸島の海上はうねりを伴いしけています。6日夕方から7日にかけて海上を中心に非常に強い風が吹き、海はしけるでしょう。7日は、伊豆諸島でも台風の接近に伴い海上を中心に風が非常に強くな
り、伊豆諸島や関東地方の海は大しけとなる見込みです。


7日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は
小笠原諸島・伊豆諸島・・・20m/s(30m/s)

 

7日にかけて予想される波の高さは
伊豆諸島・・・・・・・・・7m 
関東地方・・・・・・・・・6m
小笠原諸島・東北地方・・・5m

の見込みです!       

高波と言えば灯台をへし折ったこともありましたね↓ 

www.tenkinoarekore.com

 

8.年間で最も潮位の高い時期のため、高潮に警戒!!

気象庁は6日04時37分に『平成30年 台風第13号に関する情報 第17号』を発表しています。それによりますと、7日にかけて小笠原諸島では強風やうねりを伴った高波に注意してください。7日は、伊豆諸島や関東地方の海上で、うねりを伴った高波に警戒し、強風に注意してください。その後台風は、8日には伊豆諸島、9日にかけて東日本に接近するおそれがあります。東日本を中心に、暴風やうねりを伴った高波に警戒が必要です。また、年間でもっとも潮位が高い時期となるため、高潮のおそれもあります。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

9.まとめ

台風13号ですが、6日03時現在は小笠原近海にあって、中心の気圧は970hPa・中心付近の最大風速は35m/s・最大瞬間風速は50m/sとなっています!今後発達しながら北上する予想となっており、気象庁・米軍・ヨーロッパモデルともに関東上陸コースとしており、これは高確率で首都圏を襲いそうですね!

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

   

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング