天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

【台風情報】台風13号は09日06時現在銚子市付近にあって中心気圧は975hPa・最大風速は35m/s・最大瞬間風速は50m/sと強い勢力を維持!空の便は95便が欠航・鉄道でも一部運休が!

台風13号『サンサン』は、現在銚子市付近まで北上しています。いつ頃まで影響が出るのでしょうか?そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

台風14号『ヤギ』に関する記事はこちらです☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

f:id:sho11070714:20180809063003p:plain

 

   目次

 

 

1.9日05時現在は中心の気圧は975hPa・最大風速は35m/s・最大瞬間風速は50m/s!

9日05時現在の台風13号『サンサン』は、銚子市付近にあって、中心の気圧は975hPa・中心付近の最大風速は35m/s・最大瞬間風速は50m/sとなっています!!  

f:id:sho11070714:20180809062903p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

 

2.関東地方は9日午前中いっぱいくらいまでは警戒が必要か!?

気象庁の進路予想を見てみましょう☟

f:id:sho11070714:20180809063003p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

 

仮に予報円の中心を通るとしたら、関東地方は午前中いっぱいくらいは警戒が必要となりそうですね!

      

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

     

3.時速15㎞と自転車並みの速さで北上しているため、影響が長引きそう!

上陸せずに海上をギリギリのところで北上している台風13号ですが、上陸しなかったこともあり、勢力はあまり衰えていません。

09日15時時点で中心気圧は980hPa・中心付近の最大風速は30m/s・最大瞬間風速は45m/sまで若干勢力は弱まるものの、9日昼前から夜遅くにかけて暴風域を伴ったまま東北太平洋側にかなり接近する見込みです。台風は速度が遅いまま北上するため、影響が長引くでしょう。その後、10日は三陸沖を東北東へ進み、温帯低気圧に変わる見込みです。

f:id:sho11070714:20180809063552p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

     

4.関東地方では10日にかけて最大風速(最大瞬間風速)は35m/s(50m/s)

 

気象庁は9日04時59分に『平成30年 台風第13号に関する情報 第64号』 を発表しています。それによりますと、千葉県や茨城県の一部が台風第13号の暴風域に入っており、関東地方では海上を中心に猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけ、東北太平洋側でも海上を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけとなっているところがあります。関東地方では9日昼頃にかけて、東北太平洋側では9日夜にかけて、暴風となり、海上を中心に猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなるでしょう。東北太平洋側では大しけが10日にかけて続く見込みです。   

10日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は
関東地方・・・35m/s(50m/s)

東北地方・・・30m/s(45m/s)

伊豆諸島・・・18m/s(30m/s)

の見込みです!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.関東地方・東北地方では10mの高波を予想!もう津波レベルじゃん!

気象庁は9日04時59分に『平成30年 台風第13号に関する情報 第64号』 を発表しています。それによりますと、千葉県や茨城県の一部が台風第13号の暴風域に入っており、関東地方では海上を中心に猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけ、東北太平洋側でも海上を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけとなっているところがあります。関東地方では9日昼頃にかけて、東北太平洋側では9日夜にかけて、暴風となり、海上を中心に猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなるでしょう。東北太平洋側では大しけが10日にかけて続く見込みです。   

10日にかけて予想される波の高さは
関東地方・東北地方・・・10m 
伊豆諸島・・・・・・・・5m

の見込みです!       

高波と言えば灯台をへし折ったこともありましたね↓ 

www.tenkinoarekore.com

 

10mの高波なんてもう津波レベルですよね!!

 津波に関する記事はこちらです☟

www.tenkinoarekore.com

 

6.年間で最も潮位の高い時期のため、高潮に警戒!!

気象庁は9日04時59分に『平成30年 台風第13号に関する情報 第64号』 を発表しています。それによりますと、千葉県や茨城県の一部が台風第13号の暴風域に入っており、関東地方では海上を中心に猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけ、東北太平洋側でも海上を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけとなっているところがあります。関東地方では9日昼頃にかけて、東北太平洋側では9日夜にかけて、暴風となり、海上を中心に猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなるでしょう。東北太平洋側では大しけが10日にかけて続く見込みです。船舶や沿岸施設では重大な災害のおそれがあります。暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒してください。また、年間でもっとも潮位が高い時期となるため、台風接近時を中心に高潮に警戒・注意して下さい

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7. 東北地方では10日06時までに150㎜の予想!1時間に50mm以上の猛烈な雨が降るおそれあり!

台風中心付近の発達した雨雲が関東地方の沿岸に接近しています。沿岸部を中心に、関東地方では9日昼前にかけて、東北地方では9日昼前から昼過ぎにかけて、1時間に50㎜以上の非常に激しい雨が降る見込みです。

 

10日06時までの24時間に予想される雨量は、多い所で
東北地方・・・150㎜

関東地方・・・100㎜
です。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

 

 8.空の便は95便が欠航!首都圏の鉄道でも運休や運転本数減が!!

台風13号は時速15㎞と遅い速度で進んでいることもあり、国内の空の便は9日は95便の欠航が決まっています。航空各社は今後も欠航や遅れが出る可能性があるとして最新の運航情報を確認するよう呼びかけています。

9日欠航が決まっているのは
日本航空が6便・全日空が29便・ソラシドエアが12便・スカイマークが11便・ジェットスターが21便・日本トランスオーシャン航空が2便・スターフライヤーが4便
ピーチ・アビエーションが10便などとなっています!

www3.nhk.or.jp

 

また首都圏の鉄道では、JRの在来線や私鉄の一部で始発から運休しているほか、本数を減らして運行しています。鉄道各社はホームページなどで最新の運行状況を確認するよう呼びかけています。

首都圏の鉄道各線は始発からおおむね平常どおり運行していますが、JRの在来線や私鉄の一部で、始発から運休しているほか、本数を減らして運行しています。

JRの特急で、運休または運休が決まっているのは、
新宿と栃木県の鬼怒川温泉を結ぶ「きぬがわ」と「スペーシアきぬがわ」、新宿と栃木県の東武日光を結ぶ「日光」、東京と千葉県の君津を結ぶ「さざなみ」、東京と千葉県の銚子などを結ぶ「しおさい」、東京と千葉県の勝浦などを結ぶ「わかしお」のそれぞれ一部の列車です。

運行本数を減らしているのは、
京葉線
外房線
鹿島線となっています!!

www3.nhk.or.jp

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

9.まとめ

台風13号ですが、8日5時現在は銚子市付近にあって、中心の気圧は975hPa・中心付近の最大風速は35m/s・最大瞬間風速は50m/sとなっています!時速15㎞よ自転車並みの速さでしか進んでいない事もあり、影響は長引きそうですね。空の便では95便が欠航、首都圏の鉄道では、JRの在来線や私鉄の一部で始発から運休しているほか、本数を減らして運行しており、HPなどで運航状況の確認をするようにして下さい!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング