天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

【台風情報】台風19号の東側にまとまった雲があり、台風の卵である熱帯低気圧を経て台風20号となりそう!台風19号は本州直撃コースを予想!

現在日本の周辺には台風16・18・19号がありますが、台風19号の東側にまとまった雲が出来ており、今後台風20号の発生となるかもしれません。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180816161738p:plain

 

   目次

 

1.日本の周辺には台風16号台風18号台風19号が!!

現在日本周辺にはトンキン湾台風16号東シナ海に台風18号・マリアナ諸島付近に台風19号があります。 

台風16号台風18号は共に日本から遠ざかっており、影響はなさそうですが、台風19号に関しては本州を直撃するかもしれません。

台風19号に関する記事はこちらです↓ 

www.tenkinoarekore.com

 

 この他にも台風となりそうなものはあるのでしょうか?

 

2.台風15号台風16号の間に台風の卵の熱帯低気圧が!!

米軍の台風情報を見てみると、、、 

f:id:sho11070714:20180816161738p:plain

引用::Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

 

 

台風19号の東側に91Wと書いてあるオレンジの丸で囲まれたのがある事が分かります。これを見る限りでは、台風20号の発生となりそうですね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.台風になる条件ってなに?

熱帯低気圧ってどうなったら台風になるのでしょうか?気象庁の定義では、台風とは以下のようなものを指します☟

f:id:sho11070714:20180718082645p:plain

引用:気象庁|台風とは

  

 最大風速が17m/s以上になったら、台風の扱いになるようですね。   

 

4.日本の南の海面水温は29℃前後と高く、発達しやすい! 

気象庁の発表している日本の南の海上の日別海面水温がこちらです☟

f:id:sho11070714:20180815070025p:plain

引用:気象庁 | 海面水温に関する診断表、データ 日別海面水温

 

日本の南の海上の海面水温は29℃前後と非常に高くなっており、台風が陸地に近づいても勢力を落とさない可能性があります。

一般的には台風の発達には海面水温が27℃以上の必要があると言われており、十分に条件を満たしていますね。このまま接近時までに勢力を落とさなければ、雨や風による影響が大きくなりますので、今後の予報に十分な注意が必要です。


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

    

5.まとめ

16日現在日本の周辺には台風16・18・19号がありますが、19号の東側にまとまった雲が出来ており、熱帯低気圧経て、今後台風20号の発生となるかもしれません。日本の南の海面水温は高く、どんどん発達するので台風となって続々と日本に接近してくる可能性もあります。今後の進路情報に注目ですね!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング