天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

気象庁は台風20号によって神戸空港で1時間に136mmの雨を観測したとする記録について取り消したと発表!高波により海水をかぶった可能性も!!

台風20号のため神戸空港で1時間に136mmの雨を観測したとする記録について、気象庁は誤りだった可能性があるとして記録を取り消しました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180825071128p:plain

   

   目次

 

1.神戸空港では台風20号によって大雨に!

神戸地方気象台によりますと、24日午前00時36分までの1時間に神戸空港で136mmの猛烈な雨が降ったとして『記録的短時間大雨情報』も出されていました。

www.tenkinoarekore.com

  

2.高波による海水をかぶった可能性も!!

気象庁神戸空港の降水量について再調査したところ、高波による海水が観測値に含まれて高い数値になった可能性が認められたため、この記録を取り消したと発表しました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.神戸空港の観測測器は海岸から約35mの地点に設置!

神戸空港の雨量計の周りには再調査の結果、海からのごみなどを確認されました。この空港の観測測器は、海岸から約35mの地点に設置してあり、観測機器は既に交換したとの事です。

 

4.記録的大雨情報を2回発表した記録は残る!

神戸気象台によりますと、取り消した記録は24日午前0時10分までの1時間雨量114mm・同0時半までの同雨量136mmの2つですが、記録的大雨情報を2回発表したという記録は残るという事です。 

     

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

5.まとめ

台風20号のため神戸空港で1時間に136mmの雨を観測したとする記録について、気象庁は誤りだった可能性があるとして記録を取り消しました。ただ、記録的大雨情報を2回発表したという記録は残るとのことで、これも取り消すべきだと思いますね。神戸空港の観測測器は海岸から約35mの位置にあるとの話もあるので、設置場所についても議論の余地がありそうです!! 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング