天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

線状降水帯と見られる活発な雨雲がかかりつづけている山形県では最上小国川が氾濫!県内各地で避難指示・避難勧告も!!

発達した雨雲がかかり続けている北陸・東北地方では、氾濫危険水位に達するなどして避難指示・避難勧告が出されています。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180831064152p:plain

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

   目次

 

1.北陸・東北地方には活発な雨雲が!!

31日05時55分現在の北陸・東北地方のレーダー画像です↓

f:id:sho11070714:20180831060053p:plain

引用:気象庁 | レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻)

 

発達した雨雲が断続的にかかっていますね!!

 

2.北陸・東北地方では広い範囲で大雨浸水害・洪水の警報が!!

北陸・東北地方で05時48分現在出されている警報・注意報は以下の通りです↓

f:id:sho11070714:20180831060355p:plain

引用:気象庁 | 気象警報・注意報

 

特に活発な雨雲がかかっている山形県では、広範囲に大雨(土砂災害)警報・洪水の警報が出されています↓ 

f:id:sho11070714:20180831060655p:plain

引用:気象庁 | 気象警報・注意報

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.山形県鶴岡の京田川が氾濫危険水位に!!

山形県によりますと、31日午前2時半に鶴岡市を流れる京田川の三和観測所で、氾濫の危険性が非常に高い『氾濫危険水位』を超えました。『氾濫危険水位』は、自治体が避難勧告などを出す目安となる水位で、県は厳重に警戒するよう呼びかけています。

www3.nhk.or.jp

 

4.山形県新庄の指首野川が氾濫危険水位に!!

山形県によりますと、30日午前2時半に新庄市を流れる指首野川の堀端観測所で、氾濫の危険性が非常に高い『氾濫危険水位』を超えました。『氾濫危険水位』は、自治体が避難勧告などを出す目安となる水位で、県は厳重に警戒するよう呼びかけています。

www3.nhk.or.jp

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.新庄の升形川が氾濫危険水位に!!

山形県によりますと、31日午前3時35分に新庄市を流れる升形川の升形観測所で、氾濫の危険性が非常に高い『氾濫危険水位』を超えました。『氾濫危険水位』は、自治体が避難勧告などを出す目安となる水位で、県は厳重に警戒するよう呼びかけています。

www3.nhk.or.jp

 

6.鶴岡の藤島川が氾濫危険水位に!!

山形県によりますと、31日午前3時半に鶴岡市を流れる藤島川の藤島観測所で、氾濫の危険性が非常に高い『氾濫危険水位』を超えました。『氾濫危険水位』は、自治体が避難勧告などを出す目安となる水位で、県は厳重に警戒するよう呼びかけています。

www3.nhk.or.jp

     

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

7.新庄の大以良川が氾濫危険水位に!!

山形県によりますと、午前4時に新庄市を流れる大以良川の萩野観測所で、氾濫の危険性が非常に高い『氾濫危険水位』を超えました。『氾濫危険水位』は、自治体が避難勧告などを出す目安となる水位で、県は厳重に警戒するよう呼びかけています。

www3.nhk.or.jp

 

8.最上町の最上小国川が氾濫!!

山形県によりますと、午前4時に最上町を流れる最上小国川の瀬見観測所で、氾濫の危険性が非常に高い『氾濫危険水位』を超えました。『氾濫危険水位』は、自治体が避難勧告などを出す目安となる水位で、県は厳重に警戒するよう呼びかけています。

山形県山形地方気象台によりますと、山形県最上町の大堀地区を流れる最上小国川で、川の水位が堤防を越えてあふれているのが確認されました。このため県などは、洪水の危険性があるとして、午前7時10分に『氾濫発生情報』を出しました。県と気象台は、自治体の避難の情報を確認するとともに、身の安全を確保するよう呼びかけています。ちなみにその後、水位は徐々に下がり、午前8時前には『氾濫危険水位』を下回っています。www3.nhk.or.jp     

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

    

9.三川町の京田川が氾濫危険水位に!!

山形県によりますと、午前5時20分に三川町を流れる京田川の三川落合観測所で、氾濫の危険性が非常に高い『氾濫危険水位』を超えました。京田川は鶴岡市の三和観測所でも『氾濫危険水位』を超えています。『氾濫危険水位』は、自治体が避難勧告などを出す目安となる水位で、県は厳重に警戒するよう呼びかけています。www3.nhk.or.jp

10.山形県では県内各地で避難指示・避難勧告が!!

山形県では県内各地で避難指示・避難勧告が出されています。

31日06時現在の山形県の避難情報がこちらです↓

crisis.yahoo.co.jp

     

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

11.西日本から東北地方にかけて日本海側を中心に大気が不安定に!!

気象庁は31日04時52分に『大雨と雷及び突風に関する全般気象情報 第4号』を発表しています。それによりますと、前線が日本海から東北北部にのびています。前線は、9月1日にかけて、北日本から東日本や西日本に南下する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れこんでいるため、西日本から東北地方にかけて、広い範囲で日本海側を中心に、大気の状態が非常に不安定となっています。  

 

12.東北地方・北陸地方では1日6時までに180mmの予想!!

気象庁は31日04時52分に『大雨と雷及び突風に関する全般気象情報 第4号』を発表しています。それによりますと、東北地方と北陸地方では、断続的に非常に激しい雨が降って大雨となり、地盤の緩んでいる所や増水している河川があります。
 東北日本海側と北陸地方を中心に9月1日明け方にかけて、西日本日本海側では1日未明から、雷を伴った1時間に50mm以上の非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みです。

9月1日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
東北地方・北陸地方・・・・・・・180mm 
中国地方・・・・・・・・・・・・120mm  
関東甲信地方・九州北部地方・・・100mm 
です。
その後、2日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
九州北部地方・・・・・・・・・・・100~150mm
東北地方・北陸地方・中国地方・・・50~100mm  
の見込みです。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。また西日本から東北地方では落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。降ひょうのおそれもありますので、農作物や農業施設の管理にも注意してください。

     

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

13.まとめ

発達した雨雲がかかり続けている北陸・東北地方では、山形県を中心に氾濫危険水位に達し、避難指示・避難勧告が出されています。現在も北陸・東北地方には活発な雨雲がかかり続けており、これは心配ですね。くれぐれも注意してください!! 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング