天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

北海道胆振東部地震は『スリーバー』衝突エリアで発生していた!中国地方と四国地方の『スリーバー』の境目には『中央構造線断層帯』も!!

北海道胆振東部地震について地殻変動の専門家が分析したところ、地震は陸側のプレートの内部にある『スリバー』と呼ばれる地下の岩盤が衝突してひずみがたまり続けているエリアで起きていたことがわかりました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~

f:id:sho11070714:20180913204209p:plain

  

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

   目次

 

1.北海道胆振中東部を震源とするM6.7の地震が発生!

06日03時08分頃に胆振地方中東部を震源とするM6.7の地震が発生しました!震源の深さは約40kmで、この地震により、日本の沿岸では若干の海面変動があるかもしれませんが、被害の心配はありません。 

www.tenkinoarekore.com

  

2.厚真町鹿沼では震度7を観測!

この地震により胆振地方中東部では震度6強、石狩地方南部では震度6弱、石狩地方中部・空知地方南部では震度5強を観測しています。震度1以上を観測した市町村は以下の通りです☟

f:id:sho11070714:20180906031610p:plain

引用:地震情報 - 日本気象協会 tenki.jp

 

厚真町鹿沼では震度7でしたね☟ 

www.tenkinoarekore.com

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.地盤が年間におよそ2~3cm動いていた!

地殻変動に詳しい京都大学防災研究所の西村卓也准教授がGPSの観測データを使って北海道の地盤の動きを分析しました。それによりますと、北海道の太平洋に面した地域のうち、東側にあたる根室地方や釧路地方・十勝地方などの地盤は、年間におよそ2~3cmほど西向きに動いてたとの事です。

 

4.『スリーバー』と呼ばれる陸側のプレート内部の岩盤が影響して西向きに動いたか?

京都大学防災研究所の西村准教授によりますと、この地盤の動きは西向きに動く『スリバー』と呼ばれる陸側のプレート内部の岩盤が影響していて、北海道の沖合にある海側のプレートが陸側のプレートに沈み込む際に西向きの力がかかることで、観測されるということです。 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.『スリーバー』によって今回の地震が引き起こされた!?

京都大学防災研究所の西村准教授によりますと、今回の地震があった北海道の西側にあたる胆振地方の地盤はほとんど動いておらず、このエリアでは西向きに動く『スリバー』が衝突して押しとどめられているためひずみがたまりやすく、今回の地震を引き起こしたとしています。

 

6.熊本地震鳥取西地震も『スリーバー』の影響か!?

京都大学防災研究所の西村准教授によりますと、今回と同じように西向きに動く『スリバー』の影響でひずみがたまっているエリアは、山陰や四国・九州など西日本の各地にあり、一昨年に発生した『熊本地震』のほかに、平成12年の『鳥取県西部地震』などが起きていたということです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

7.『スリーバー』の境目には『中央構造線断層帯』も!!

中国地方と四国の『スリバー』の境目にあたるエリアには、日本最大級の活断層中央構造線断層帯があり、最大でマグニチュード8以上の巨大地震が想定されています。

 

8.『スリーバー』は日本各地にあり、地震への注意が必要!!

『スリバー』は北海道だけでなく西日本を中心に複数存在するとされており、京都大学防災研究所の西村准教授は、「スリバーがぶつかるところや、横方向にスライドしてずれ動くところは日本列島の各地にあり、地震への注意が必要だ」と話しています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

9.まとめ

北海道胆振東部地震について地殻変動の専門家が分析したところ、地震は陸側のプレートの内部にある『スリバー』と呼ばれる地下の岩盤が衝突してひずみがたまり続けているエリアで起きていたことがわかりました。『スリーバー』は西日本を中心に日本各地にあって、中国地方と四国地方の『スリーバー』の境目には『中央構造線断層帯』もあります。お住まいの地域がどうなのか一度確認してみる必要がありそうですね! 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング