天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

【台風情報】日本の南東にはまとまった雲が!今後台風の卵である熱帯低気圧を経て台風24号となり、関東地方へ接近!?気象庁・米軍・ヨーロッパの進路予想は?

非常に強い台風22号がフィリピンを直撃しているところですが、台風24号の卵が出来始めています。そこで本日の天気のあれこれではその内容について見ていきたいと思います。

最新の台風24号の卵の記事はこちらです☟  

www.tenkinoarekore.com

    

f:id:sho11070714:20180915101431p:plain

 

 スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

   目次

 

1.台風22号が『非常に強い』勢力でフィリピンを直撃!!

『非常に強い』台風22号が日本時間の15日未明にフィリピンのルソン島北部に上陸しました。フィリピンの防災当局は、台風が通過する地域に住むおよそ420万人に対し、厳重な警戒を呼びかけています。 

 

台風22号の最新記事がこちらです☟ 

www.tenkinoarekore.com

      

 

2.日本の南東にはまとまった雲が!!

台風22号も気になるところですが、日本の南東にはまとまった雲が出来ています。

15日10時の気象衛星の画像がこちらです☟

f:id:sho11070714:20180915100602p:plain

引用:気象庁 | 気象衛星

 

まだそこまでではありませんが、少しずつまとまってきていますね! 

こちらも熱低低気圧を経て台風となるのでしょうか?

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.米軍の台風情報にはまだ記載なし!

米軍の台風情報がこちらです☟

f:id:sho11070714:20180915102044p:plain



引用:Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

 

米軍の台風情報ではまだ記載はないですね。まだ熱帯低気圧・台風になるのには時間がかかりそうですね!!

  

4.ヨーロッパ中期予報センターの予想では9月下旬に日本へ接近!?

続いてヨーロッパ中期予報センターの予想では、23日に日本の南東に台風の卵が接近するような予想となっていますね☟

f:id:sho11070714:20180915102354p:plain

引用:https://www.ecmwf.int/

 

このコースだと9月下旬ごろに関東地方へ接近しそうですね!!

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.数値予報モデルでも関東への接近を予想!!

もう少し先の予想を見てみましょう!

数値予報モデルでは、25日21時にはかなり関東地方へ接近する予想となっていますね!これはコースが気になります!!

f:id:sho11070714:20180915100831p:plain

引用:数値予報モデルの天気図倉庫

 

6.まとまった雲が熱帯低気圧になる条件は?

2・3のような雲のかたまりがどうなったら熱帯低気圧になるのでしょうか?

熱帯低気圧は、熱帯または亜熱帯地方に発生する低気圧の総称で、風の弱いものから台風やハリケーンのように強いものまであります。気象庁の定義では、気象情報等で「熱帯低気圧」を用いる場合は、台風に満たない、低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s(34ノット、風力8)未満のものを指すとしています。

f:id:sho11070714:20180802132725p:plain

引用:気象庁|予報用語 台風に関する用語

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

7.台風になる条件って何?

熱帯低気圧ってどうなったら台風になるのでしょうか?気象庁の定義では、台風とは以下のようなものを指します☟

f:id:sho11070714:20180718082645p:plain

引用:気象庁|台風とは

  

最大風速が17m/s以上になったら、台風の扱いになるようですね。   

 

8.日本の南の海面水温は29℃前後と高く、勢力が発達しやすい!!

気象庁の発表している日本の南の海上の日別海面水温がこちらです☟

f:id:sho11070714:20180914072547p:plain

引用:気象庁 | 海面水温に関する診断表、データ 日別海面水温

 

日本の南の海上の海面水温は29℃前後と非常に高くなっており、台風が陸地に近づいても勢力を落とさない可能性があります。

一般的には台風の発達には海面水温が27℃以上の必要があると言われており、十分に条件を満たしていますね。このまま接近時までに勢力を落とさなければ、雨や風による影響が大きくなりますので、今後の予報に十分な注意が必要です。

      

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

    

9.今年の台風の発生数はかなりのハイペース!!

平均すると年間25.6個発生している台風ですが、今年は既に23個目になります!

f:id:sho11070714:20180904211627p:plain

引用:気象庁|台風の平年値

 

今までの台風の発生数が最も多かった年が1967年の39個なのですが、その時の月別の発生数がこちらです☟

f:id:sho11070714:20180910140701p:plain

引用:気象庁|台風の発生数

 

9月末時点で31個となっています!今後さらに台風の発生が続くと、記録更新する可能性もありますね!

 

10.今年は平年の上陸数・接近数を既に上回るペース!!

気象庁によりますと、平年の台風の上陸数は年間で2.7個・接近数は11.4個となっています☟

f:id:sho11070714:20180904211627p:plain

引用:気象庁|台風の平年値

 

上陸数では今年は既に4個上陸しており、平年値を上回るペースですね!!

f:id:sho11070714:20180910141124p:plain

 引用:気象庁|台風の上陸数

 

接近数では今年は既に13個接近しており、平年値を上回るペースですね!!

f:id:sho11070714:20180910141015p:plain

引用:気象庁|台風の接近数

     

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

11.まとめ

日本の周辺には台風22号がありますが、これ以外にも南東にまとまった雲のかたまりがあり、熱帯低気圧を経て台風24号となる可能性があります。今後高気圧の張り出しが弱まれば、また本州へ上陸・接近することも考えられますので、今後の台風情報に要注意ですね!!

  

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング