天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

北海道沖の千島海溝沿いで想定される東日本大震災に匹敵するM9クラスの超巨大地震に伴う津波に備えて福島第1原発に防潮堤を増設へ!ジョー・マグモニーグル氏も2018年秋に10.5mの津波と予言しており、早く建設して!!

東京電力は14日に北海道東部沖の千島海溝沿いで想定される超巨大地震に伴う津波に備えて、廃炉を進める福島第1原発に防潮堤を増設することを明らかにしました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180915212955p:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

   目次

 

1.千島海溝沿いで想定される超巨大地震に伴う津波に備えて福島第1原発に防潮堤を増設!

東京電力は14日に北海道東部沖の千島海溝沿いで想定される超巨大地震に伴う津波に備えて、廃炉を進める福島第1原発に防潮堤を増設することを明らかにしました。 

 

2.津波が敷地内に浸水すると放射性物質を含む汚染水が流出する恐れがある!

今回防潮堤の増設に踏み切ったのは、津波で敷地内が浸水すると、原子炉建屋周辺の地下にたまる放射性物質を含む汚染水が流出する恐れがあり、廃炉作業に影響が出ると判断したからのようです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.超巨大地震の際には最大約10mの津波が押し寄せると試算!

東京電力は、千島海溝沿いで想定される超巨大地震原発に最大約10mの津波が押し寄せ、敷地内は最大1.8m浸水すると試算しています。

 

4.1~4号機の東側に全長約600mの防潮堤を設置する方針!

東京電力では、東日本大震災の余震に伴う津波への対策として、4号機の東側に約400mの防潮堤を設置済みで、原子炉建屋地下への海水流入を防ぐため、建屋開口部をふさぐ作業も進めています。 ただ、さらに津波の浸入を防ぐために1~4号機の東側に全長約600mの防潮堤を設置すると説明しています!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.千島海溝沿いでは東日本大震災に匹敵するM9クラスの発生が切迫している!

政府の地震調査委員会は千島海溝沿いの超巨大地震について、30年以内に東日本大震災に匹敵するマグニチュード9級の地震が発生する確率を7~40%と推測しており、「切迫性が高い」との長期評価を公表しています☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

 6.FBI超能力捜査官ジョー・マグモニーグル氏が2018年秋に10.5mの津波が来ると予言!

詳しくはこちらの過去記事を見ていただきたいのですが、FBI超能力捜査官のジョー・マグモニーグル氏が、彼の著書で『2018年秋 高さ10.5mの津波』を予言しています!!

www.tenkinoarekore.com

 

10.5mの津波と言うと、南海トラフ巨大地震か北海道沖の超巨大地震くらいしか思い浮かびませんよね。 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

7.まとめ

東京電力は14日に北海道東部沖の千島海溝沿いで想定される超巨大地震に伴う津波に備えて、廃炉を進める福島第1原発に防潮堤を増設することを明らかにしました。北海道東部沖の千島海溝沿いでは、30年以内に東日本大震災に匹敵するマグニチュード9級の地震が発生する確率を7~40%と推測しており、「切迫性が高い」との長期評価を公表しており、これはシャレになりませんね。早期に防潮堤が建設させることを祈るばかりですね!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング