天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

スペースX社は世界初となる月周回旅行の民間人第1号をZOZOTOWNの前澤友作氏だと発表!気になる剛力彩芽さんは月にも一緒に行っちゃうの?一応アーティストではあるようなwww

アメリカの民間の宇宙企業『SpaceX』社は、13日に世界初となる民間人による月の周回旅行について、最初の乗客と契約に至ったと発表しました。最初の乗客は誰になるのでしょうか?そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~

f:id:sho11070714:20180918104650p:plain

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

   目次

 

1.『SpaceX』社は世界初となる民間人による月旅行について最初の乗客と契約したと発表!

アメリカの民間の宇宙企業『SpaceX』社は、13日に世界初となる民間人による月の周回旅行について、最初の乗客と契約に至ったと発表しました。去年1週間かけて月を周回する宇宙旅行の計画を発表していて、ホームページでは宇宙船のイメージ画像も公開されていました。 

www.tenkinoarekore.com

 

2.事前の予想ではホリエモン孫社長・前澤社長が有力視されていた!!

仮に日本に関わる人だとすると、誰なのでしょうか?ネットでは宇宙つながりで松本零士氏ではないかという希望的観測も出ていますが、現実的な予想ではソフトバンク孫正義氏であったり、元ライブドアCEOで現在はインターステラテクノロジズ株式会社ファウンダーとして自らもロケット開発に携わる堀江貴文氏の名前が上がったりしています。このほかにはZOZO TOWNを運営するスタートトゥデイ代表取締役の前澤友作氏じゃないかという声も出ていました!!

前澤氏は8月31日大きな発表があるとし、時期としては9月中旬と語っており、可能性が高そうです!!

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.日本時間18日午前10時に乗客を発表!

誰が世界初の月旅行の第1号になるか気になるところですが、SpaceX』社によりますと、日本時間の18日午前10時から乗客を発表するとの事です!!

 

4.発表の様子はユーチューブで見られる!!

発表の様子をリアルタイムでユーチューブで配信しているのでこちらをご覧下さい!!


First Private Passenger on Lunar BFR Mission

 

大方の予想通り前澤氏でしたね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.このニュースにホリエモンも反応!!

このニュースに自身もロケット開発に携わる堀江貴文氏も反応しています☟

 

6.月周回旅行は開発中の大型ロケット『BFR』を使用!

ホリエモンツイッターで触れていますが、 スペースX社によりますと月周回旅行は、開発中の大型ロケット『BFR』を使う予定としています。『BFR』は全長約100m・直径9mで、月着陸に使われた『サターンV』(全長約110m)に匹敵するサイズとなっています!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

7.画家やミュージシャンら6~8人を選び2023年の打ち上げを目指す!!

今回会見した前澤氏によりますと、月周回旅行には本人のほか、画家やミュージシャンら6~8人を選び、2023年の打ち上げを目指すとの事です。気になるあの方は、一緒に行くのでしょうかね?

 

8.前澤氏は費用は明らかにしていないが、700~1000億程度か!(・・?

今回会見した前澤氏は買いk伝で「小さい時から月が好きだった。このチャンスを逃せないと思った」と感慨深そうな表情で語っりましたが、旅行費用については「まだ答えられない」と話しています。関係者によりますと、700億~1000億円程度との事です!さすがお金持ちは違いますね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

9.まとめ

アメリカの民間の宇宙企業『SpaceX』社は、13日に世界初となる民間人による月の周回旅行について、最初の乗客と契約に至ったと発表しました。イーロン・マスクCEOが日本の国旗をアップしたこともあり、日本人では?とネットで話題になっていました。ZOZOタウンの前澤氏とのことで、これは楽しみですね!それにしても700億~1000億をポンと払える男になってみたいものです!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング