天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

ウェザーニューズは2019年の花粉飛散傾向を発表!全国で平年の6割増、2018年比では山陰では7~9倍・関東でも2~7倍の地域も!東日本を中心に6年振りの大量飛散となる恐れあり!!

本日10月1日にウェザーニューズより早くも2019年の花粉の傾向が発表されたようです。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~

f:id:sho11070714:20181001183645p:plain

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

   目次

 

1.ウェザーニューズが来年の花粉の傾向について発表!

株式会社ウェザーニューズは、10月1日に2019年の花粉シーズンに向けて、『第一回花粉飛散傾向』(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)を発表しました。

jp.weathernews.com

  

2.2019年の花粉飛散量は全国で平年の6割増に!

『第一回花粉飛散傾向』によりますと、2019年の花粉飛散量は全国で平年(2009~2018年平均)の6割増となる予想です。全国的に花粉飛散量の少なかった2018年シーズンと比べても、ほとんどの地域で増加する見込みとなっています。

f:id:sho11070714:20181001182715p:plain

引用:【第一回花粉飛散傾向】来春の花粉飛散量、全国平均で平年の6割増、今年の2.7倍に | Weathernews Inc.

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.山陰では2018年比で7~9倍・関東でも2~7倍になる地域も!

『第一回花粉飛散傾向』によりますと、全国的に花粉飛散量が少なかった2018年と比べても、北海道を除いて花粉飛散量はほとんどの地域で多くなる予想です。山陰では2018年シーズン比で7~9倍、関東でも2~7倍となる地域もあります。東日本を中心に、6年ぶりの大量飛散となる恐れがあるため、ここ数年は花粉症の症状が軽かった方も油断せず、2019年シーズンは早めの対策がおすすめです。

f:id:sho11070714:20181001182715p:plain

引用:【第一回花粉飛散傾向】来春の花粉飛散量、全国平均で平年の6割増、今年の2.7倍に | Weathernews Inc.

 

4.『ダブル高気圧』の影響で猛暑になったことが花粉増の要因!

『第一回花粉飛散傾向』によりますと、花粉の増加する理由として2018年の夏に『ダブル高気圧』の影響による猛暑で十分な日照があり、花粉の雄花の生長を促進する天候となったことを挙げています。ただ雄花の中で生成される花粉数は、秋の天候が影響を与えるとも言われており、今後の天気傾向にも注目ですね。  

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク  

 

 

5.まとめ

本日10月1日にウェザーニューズより早くも2019年の花粉の傾向が発表されました。それによりますと、この夏の『ダブル高気圧』の影響で猛暑になったことが花粉が増える要因となっているとのことで、2019年の花粉飛散量は全国で平年(2009~2018年平均)の6割増となる予想です。また花粉の少なかった2018年シーズンとの比較では、山陰では2018年シーズン比で7~9倍、関東でも2~7倍となる地域もあります。東日本を中心に、6年ぶりの大量飛散となる恐れがあるため、今から覚悟をしておいた方が良いかもしれませんね!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング