天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

インドネシア地震で21歳の若い管制官が命がけで航空機を離陸させるために管制を続行!無事離陸を見送った管制官は4階から飛び降りて死亡!インドネシア全土で称賛と哀悼の声が!!

28日19時02分頃にインドネシア付近を震源とするM7.5の地震が発生しました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

世界最大の津波に関する記事はこちらです↓ 

www.tenkinoarekore.com

 

 人工津波に関する噂はこちらです↓

www.tenkinoarekore.com

  

f:id:sho11070714:20180930180131p:plain

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

   目次

 

1.28日19時02分頃にインドネシア付近を震源とするM7.5の地震が発生!

28日19時02分頃にインドネシア付近を震源とするM7.5の地震が発生しました!!この地震による日本への津波の影響はありませんでした!! 

www.tenkinoarekore.com

   

2.防災当局は地震・津波によって1,203人が死亡したと発表!

インドネシア中部のスラウェシ島で28日夜に、M7.5の地震と津波が発生しました。防災当局は1日にこれまでに1,203人が死亡したと発表しています。今後犠牲者の数は増えるおそれがあるとしています。  前回発表の数字から倍増した死者数について、ユスフ・カラ副大統領は、最終的な数が数千人に上る恐れもあると述べています。  

www.tenkinoarekore.com

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.21歳の若い管制官が命がけで航空機を離陸させる!

インドネシアのスラウェシ島で1,200以上の死者を出した大地震で、航空機を無事離陸させるために命がけで管制を続けた1人の若い管制官がいました!その管制官アントニウス・グナワン・アグンさん(21)は震源に近いスラウェシ島パルの空港で管制塔に勤務しており、同僚たちが次々に建物から避難する中で、アグンさんだけは管制塔に残って、バティック・エアの便を離陸させるために管制を続けました!これの頑張りもあって、その航空機は無事離陸することが出来ました!

  

4.内臓損傷や足の骨折などで病院に搬送されるも死亡!

航空機が無事に飛び立つ姿を見届けたアグンさんは、管制塔の倒壊を見越して、4階の窓から外へ飛び降りましたが、内臓損傷や脚の骨折などの重傷を負って病院に搬送されました。29日には別の病院で専門治療を受けさせためにヘリコプターが手配されましたが、転院を前に死亡しました。1カ月後には22歳の誕生日を迎えるはずでした。

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.バティック・エア6231便の機長はアグンさんを追悼!

アグンさんが命をかけて離陸させたバティック・エア便の機長は、インスタグラムへの投稿に『バティック6231便、第33滑走路から離陸してください』。それが彼の最後の通信だった」とアグンさんをしのび、「無事に飛び立つまで私を守り続けてくれてありがとう」と追悼しています。

 

6.インドネシア全土で称賛の声が!!

同僚はツイッターでアグンさんを『偉大なアントニウス』と呼んでたたえ、インドネシア全土に称賛の声が広がっています。航空管制当局も追悼の談話を発表しています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

7.まとめ

28日19時02分頃にインドネシア付近でM7.5の地震が発生しました。この地震野中、航空機を無事離陸させるために命がけで管制を続けた1人の若い管制官にインドネシア国内では、称賛と哀悼の声が広がってます。これぞプロフェッショナルですね!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング