天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

旭川で今シーズン全国初の『初霜』を観測!北海道では朝晩と日中の気温差が20℃超えの予想となっており、寒暖差に要注意!!

5日朝冷え込みのきつかった旭川では今シーズン全国で初めての初霜を観測したようです。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~

f:id:sho11070714:20181005072123p:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

    

   目次

 

1.旭川では今シーズン全国で初の『初霜』を観測!

5日は北海道で冷え込みが強まり、旭川では午前5時40分までの最低気温は1.1度まで下がり、『初霜』を観測しました。今シーズン全国の気象官署で初めての『初霜』の観測となります。 

f:id:sho11070714:20181005072123p:plain

 

2.そもそも『初霜』って?

初霜(はつしも)とは、秋から冬にかけて初めておりる霜のことです。目安としては、晴れて風の穏やかな放射冷却の強い朝で最低気温が5~6°C程度とされ、この気温のとき地表面温度がちょうど0°C前後となり霜が降り始めます。ただ、雨や雪が降っているときや湿度が低く地表面でも露点に達しないとき、風が強く大気がかき混ぜられて気温が下がりにくいときなどは霜が降りないことがあります。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.旭川の『初霜』はやや早いくらい!!

初霜の1981-2010年の平均では、旭川は10月8日・札幌は10月25日・仙台は11月10日・東京は12月20日・名古屋は11月27日・京都は11月18日・大阪は12月5日・福岡は12月12日ごろとなっています。そう見ると、旭川が10月5日に初霜の観測があったのは、少し早いくらいで、特に驚くことでもなさそうですね! 

 

 

4.初霜より初雪が早い場合もある!?

日本の多くの地域では、初霜のあと初雪訪れることが多いとされていますが、初雪の方が早い場合もあります。1981 - 2010年の平均では、新潟・金沢・神戸・広島では初雪の方が僅かに早く、稚内では16日・下関では29日それぞれ初雪の方が早くなっています!!

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.旭岳が今シーズンの『初冠雪』一番乗り!!

9月20日に旭川地方気象台は、旭岳の初冠雪を観測したと発表しています。この旭岳が今シーズンでは全国の気象台で旭岳が最も早い観測となっています!! 

www.tenkinoarekore.com

 

6.最高気温は20℃超え!寒暖差に要注意!!

5日の北海道では、日中は日差しで気温がグングン上がり、最高気温は旭川で21度・札幌は23度の予想です。朝晩と日中との気温差が20度くらいになる見込みで、かなりの寒暖差になりそうですね。体調を崩さないように気をつけてください!!

f:id:sho11070714:20181005073807p:plain

引用:気象庁 | 天気予報

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

7.まとめ

5日朝冷え込みのきつかった旭川では今シーズン全国で初めての初霜を観測しました。北海道は日中は最高気温が20℃超えの予想となっており、寒暖差も大きくなりますので、体調管理には気をつけてくださいね!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング