【太陽柱】太陽から垂直に柱が伸びているように見える珍しい自然現象『太陽柱』が日本各地で出現!!神秘的な光景!!

2017年12月14日木曜日

太陽柱

t f B! P L
太陽から垂直に柱が伸びているように見える珍しい自然現象『太陽柱』が各地で見られたみたいなので、本日の天気のあれこれでは『太陽柱』について取り上げたいと思います~ 

太陽柱とはどんな現象?

『太陽柱』は、たいようちゅうと読み、英語ではサンピラー(sun pillar)と呼ばれる大気光学現象の一種になります。日の出・日没に地平線に対して垂直方向へ太陽から炎のような形の光芒が見られることから、太陽柱と呼ばれています。
世界各地の太陽柱の画像↓
f:id:sho11070714:20190301101053j:plain
アメリカ・ウェストバージニア州 
f:id:sho11070714:20190301101108j:plain
アメリカ・カリフォルニア州 
f:id:sho11070714:20190301101127j:plain
どれも神秘的な光景ですね。

12日には岐阜本巣市で太陽柱が出現!!

 12日早朝の岐阜市周辺では、オレンジ色に光輝く空に、太陽から一際目を引く柱状の光芒『サンピラー(太陽柱)』が出現したようです。
f:id:sho11070714:20190301101200p:plain
引用:冷え切った朝の空に光の柱「サンピラー」が出現 (ウェザーニュース) – Yahoo!ニュース

12日の岐阜県美濃の観測地点を見てみると、、
f:id:sho11070714:20190301101220p:plain
6時ごろは気温は0.9℃・風も1.2m/sとほぼなかったみたいですね。
スポンサーリンク



スポンサーリンク 

13日には岡山県津山市でも『太陽柱』が!!

13日早朝の岡山県津山市でも『サンピラー(太陽柱)』が出現したようです。
13日早朝の津山市の観測地点を見てみると、、
f:id:sho11070714:20190301101240p:plain
6時ごろは気温が氷点下3.8℃・風も1.4m/sと弱かったようですね。

『太陽柱』のメカニズムは?

『太陽柱』は、空気中に浮かぶ六角形の板状の氷の結晶に、太陽の光が反射することで太陽の虚像として見られます。この現象が見えやすい条件は以下のとおりです。
氷の結晶の向きが揃っていること。
上空の風が弱いこと。
気温が低いこと。
大気が適切な水分量であること。
などが挙げられます。この他にも巻層雲・高層雲などの層状の雲のときの方が見えやすいと言われています。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

ダイヤモンドダストでも同じような現象は見られる!!

氷点下10~20℃以下の空気で発生するダイヤモンドダストでも同じような現象が見られます。YouTubeにダイヤモンドダストで発生したサンピラーの動画があったので、載せておきますね。

サンピラー
この現象は極寒の気象条件で、一定の条件が揃わないと見えず、日本では北海道などで1シーズンに数回程度見られるくらいです。
スポンサーリンク



スポンサーリンク 

まとめ

本日は一定の条件下でしか発生しない『太陽柱(サンピラー)』について取り上げました。今年はかなり寒冬になりそうなので、全国的に見られる可能性があります。少し早起きをして日の出を眺めてみるのも良いかもしれませんね。 
おすすめの防災グッズがこちら☟ 

おすすめのウイルス対策はこちら☟    

寒さ対策はこちら☟      
 

人気の投稿

このブログを検索

QooQ