【9年】2011年3月11日に三陸沖の太平洋を震源とするM9.0の地震が発生!波高10m以上・最大遡上高40.1mにも上る巨大な津波が発生!3.11から9年経過した今、東日本大震災について振り返ってみよう。

2018年3月10日土曜日

前兆現象 地震

t f B! P L
 本日3月11日は東日本大震災があった日です。あれから7年が経過しましたが、本日のあれこれでは、東日本のあれこれについて見ていきたいと思います~

 9年前の今9日、M9.0の地震が発生!!

9年前の今日、2011年3月11日に三陸沖の太平洋を震源とするM9.0の地震が発生しました。震源の深さは24㎞で、最大震度は宮城県で7を観測しています。震度7の観測は、1995年の阪神淡路大震災・2004年の新潟中越地震以来、観測史上3回目となります。
f:id:sho11070714:20190303160558p:plain
引用:地震情報 2011年3月11日 14時46分頃発生 最大震度:7 震源地:三陸沖 – 日本気象協会 tenki.jp

緊急地震速報は最初の地震波の検知から8.6秒後に発表!

気象庁はこの地震に対して、震度5弱以上を予想した時に発表する緊急地震速報(警報)を石巻大瓜観測点における最初の地震波の検知から8.6秒後に発表しました!この緊急地震速報から、震度7~5強を観測した宮城県では、主要動の到達までに10秒~20秒程度の猶予時間はあったと考えられています。
10秒~20秒か、、、机の下に隠れるくらいの余裕はギリギリあったのですね。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

気象庁は地震の発生から3分後の14時49分に津波警報を発表!!

気象庁は地震の発生から3分後の14時49分に津波警報を発しました。以降発表された津波注意報・警報は以下の通りとなります。
f:id:sho11070714:20190303160615p:plain
f:id:sho11070714:20190303160629p:plain
引用:気象庁 | 津波警報・注意報評価

波高10m以上・最大遡上高40.1mにも上る巨大な津波が発生!!

この地震により、場所によっては波高15m以上・最大遡上高40.1mにも上る巨大な津波が発生しました!! 
f:id:sho11070714:20190303160646j:plain
各地の津波到達時間を見てみると、、、
f:id:sho11070714:20190303160704p:plain
岩手県大船渡市で到達時間が15時26分となっていますね。津波警報からは29分程度の猶予はあったと思われます!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

津波が襲う様子はまさに地獄絵図。

YouTubeに津波が襲う状況がありましたので、載せておきますね。
生々しい津波の映像なので、ストレスを感じる人は見ないで下さい!!

地震の発生から津波の到達まで(提供:一般社団法人大船渡津波伝承館)

東日本大震災による全国の死者は1.5万人で、その内の90%以上の死因は溺死!!

東日本大震災による全国の死者は15,894人・行方不明者2,562人(2016年2月10月時点)となっていますが、死者の90%以上の死因は溺死となっています!!津波警報から30分程度猶予はあったのはずなのに、この結果は残念ですね。
f:id:sho11070714:20190303160720g:plain
スポンサーリンク



スポンサーリンク

津波警報が出たら取りあえず高台に避難・避難したら戻らない!!

この地震の教訓としては、津波警報が出たら取りあえず高台に逃げようということですね。この地震では被害に遭った人の中には、一旦は逃げたものの、津波が来ないから家に帰って犠牲になった人もいたようです。自分で判断せず、防災無線などで安全が確認されるまでは、避難したまま勝手に止めないことも重要かもしれませんね!!

 過去の津波被害を知ることも重要!!

過去の津波被害を知ることで、以前ここまで津波が来たとか、高さなどを知ることが出来ます。全国各地にはこうした石碑などが残されており、石碑などをデータベース化したサイトも出来ているので、是非見てみて下さい。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

南海トラフ巨大地震は1年~2年以内に来る!?

立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、5月10日の日向灘の地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。
『南海トラフ巨大地震』は1~2年以内に起きると考えるのが自然と立命館大環太平洋文明研究センターの高橋学教授が注意喚起!2020年の東京五輪までに『スーパー南海地震』が日本を襲う!?

京都大学大学院の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を提唱!

京都大学大学院人間・環境学研究科の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を唱えています。
【悲報】京都大学の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を提唱!現代の地震は平安時代の地震と見事にリンク!『南海トラフ地震』は2030年代に!?国難はすぐそこまで迫っている!!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

2月に入ってから新潟県・福井県・兵庫県など各地で『リュウグウノツカイ』が漂着!

2月に入ってから、新潟県・福井県・兵庫県など各地で『リュウグウノツカイ』が漂着しています!一応科学的には迷信扱いですが、『リュウグウノツカイ』は地震の前兆という説もあるので、要注意ですね!
【地震前兆】兵庫県豊岡市竹野町では体長3.92mの『リュウグウノツカイ』が漂着!科学的には迷信という扱いだが、深海魚の漂着は地震の前兆という説も!2020年発生説のある『首都直下地震』・『南海トラフ地震』に要警戒!

【地震前兆】新潟県西区の小針浜では体長4.37m・体重34.86㎏の『リュウグウノツカイ』が漂着!科学的には迷信という扱いだが、深海魚の漂着は地震の前兆という説も!2020年発生説のある『首都直下地震』・『南海トラフ地震』に要警戒!

埼玉県では『黒い雨』が降ったと通報が相次ぐ!

埼玉県では『黒い雨』が降ったと投稿が相次いで挙がっています☟
【黒い雨】埼玉県で『黒い雨』が降ったと驚きの通報が相次ぐ!『黒い雨』といえば放射能!?埼玉県蓮田市の発表では放射能測定は行ったものの異常なし!風向き・距離から考えて2日に発生した千葉県野田市の火災が原因か!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

3月3日には関東地方で『環天頂アーク』の目撃情報が!

3月3日には、関東上空に『環天頂アーク』が出現したとの報告が多数挙がっています☟
【環天頂アーク(逆さ虹)】3月3日は関東上空に『環天頂アーク(逆さ虹)』が出現!『環天頂アーク』は巨大地震の前兆という説も!2020年巨大地震発生説のある『首都直下型地震』・『南海トラフ地震』にも要注意!

Love Me Do氏が3月2日~5日、9~12日、15~17日、19日~26日に地震・災害などの可能性に言及!特に19・20・21・22・23・24日は要注意日!

当たると評判のLove Me Do氏が3月2日~5日、9~12日、15~17日、19日~26日に地震・災害などの可能性に言及しています。特に19・20・21・22・23・24日は要注意日としてとしています!
http://tenkinoarekore.com/entry/2020/03/01/124516
スポンサーリンク



スポンサーリンク

史上最高の予言者と名高い『ジュセリーノ』氏が3月に日本で強い地震・強風・コロナウィルス・豪雨について言及!

史上最高の予言者と名高い『ジュセリーノ』氏が3月に日本で強い地震・強風・コロナウィルス・豪雨について予言しています!あまり事前予言は的中率が高くなさそうな彼ですが、ニアピンもあるみたいので、一応警戒しておいた方が良いかもしれませんね!!
【予言】史上最高の予言者と名高い『ジュセリーノ』氏が3月に日本で強い地震・強風・コロナウィルス・豪雨について予言!2020年発生説のある『首都直下地震』・『南海トラフ地震』に要警戒!

いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?
当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟
 
防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!ちなみに我が家が昨年注文した際には、4か月待ちました!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

まとめ

東日本大震災では津波による死者が全体の9割以上を占めているようですね。津波警報が出たらすぐに高台に避難・避難したら勝手に自分で判断して戻らないを徹底して欲しいものですね!!
おすすめの防災グッズがこちら☟ 

おすすめのウイルス対策はこちら☟    

寒さ対策はこちら☟      
 

人気の投稿

Blog Archive

このブログを検索

QooQ