【地震予知】日本の地震学者が『南海トラフ巨大地震』の予知に成功する可能性はわずか1%!立命館大環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏は南海トラフ巨大地震は1~2年以内に来ると考えるのが自然と主張!普段から防災意識を高めていつ来ても良いように防災グッズなど準備しておこう!

2019年5月19日日曜日

地震予知 南海トラフ巨大地震

t f B! P L
一部で南海トラフ巨大地震が近いのでは?という声が専門家からも挙がっていますが、事前に予知することは出来るのでしょうか?そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について書いていきたいと思います~

気象庁の試算では30年以内に『70%~80%』!!

気象庁の試算では南海トラフで想定されるM8~9の巨大地震については、今後30年以内に発生する確率は、これまで『70%程度」でしたが、最新の公表では『70%~80%』に引き上げられています。
【南海トラフ】南海トラフ地震は過去12回のうち6回も11月~12月に発生!11月7日までに巨大地震発生の可能性大との噂も!

日向灘でM6.3の地震も南海トラフ地震の想定震源域内だが、直ちに巨大地震には繋がらないとの見解!!

気象庁地震津波監視課の中村雅基課長は記者会見で、日向灘の地震の震源は南海トラフ地震の想定震源域内だが、直ちに巨大地震につながるものではないとの見解を示しています。
【気象庁会見】今回の地震の震源は南海トラフ地震の想定震源域内だが、直ちに巨大地震に繋がるものではないとの見解を示す!南海トラフへの影響は調査基準(M6.8)に達していないとして行わない模様!国内でM7の『地震予知』もあるが、気象庁とどっちが当たる!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク 

現在のところ南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性は高まっていない!

最新の気象庁の発表によりますと、現在のところ南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性は、平常時と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。と発表されています☟

南海トラフ巨大地震は1~2年以内に来ると考えるのが自然!

立命館大環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏は、 「このところ、気象庁は不安を打ち消すことを繰り返しています。今年はG20・ラグビーW杯、来年には東京五輪を控え、対外的に『危ない国』という印象を与えたくない政権に忖度しているのではないか。本来気象庁は、科学的に冷静に判断し、国民に警鐘を鳴らすのが役目です。10日の地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。
『南海トラフ巨大地震』は1~2年以内に起きると考えるのが自然と立命館大環太平洋文明研究センターの高橋学教授が注意喚起!2020年の東京五輪までに『スーパー南海地震』が日本を襲う!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

東京大学名誉教授のロバート・ゲラー氏は日向灘の地震と南海トラフ地震の関連を否定する学者らを強く批判!!

東京大学名誉教授で地震学者でもあるロバート・ゲラー氏は、日向灘の地震と南海トラフ地震の関連を否定する学者らを強く批判しています☟ 
東京大学名誉教授で地震学者でもあるロバート・ゲラー氏は日向灘の地震と南海トラフ地震の関連を否定する学者と政府を強く批判!政府と御用地震学者の『罪』は大と断罪!『日向灘』でM7の地震が『南海トラフ巨大地震』のトリガーに!?

政府と御用地震学者の罪は大としており、気象庁と専門家で意見が分かれていますね!!

次の『南海トラフ巨大地震』は東日本大震災と同クラスのM9という説も!!

詳しくはこちらの過去記事を見ていただきたいのですが、直近の南海トラフ地震がM8クラスだったことから、前回の地震ではエネルギーを解放しきっておらず、次の『南海トラフ巨大地震』に向かって、すでに多くのひずみエネルギーを溜めている可能性があるという説があります。そうした事から、次の『南海トラフ巨大地震』は、東日本大震災と同クラスのM9程度と考えているようですね!! 
次の『南海トラフ巨大地震』は東日本大震災と同クラスのM9か!?『昭和東南海地震』・『昭和南海地震』ではエネルギーは解放しきっていなかった!2019年中に『南海トラフ地震』などの巨大地震の予言も続々!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

『南海トラフ巨大地震』を専門家が予知出来る可能性はわずか1%!?

関西大学教授の林能成氏が行った『南海トラフ巨大地震』の予知に関するアンケートでは、直前予知を100回試みても99回程度は失敗すると日本の地震学者が考えていることが分かっています!
専門家でも1%の確率しかないのなら、これは事実上不可能に近いですね!!

今こそ防災意識を高めて、防災グッズなどを備えておこう!!

地震予知が専門家でも不可能という事が分かりましたので、我々の出来ることと言えな、防災グッズなどを備えて対策することくらいです!
当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟

防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!
現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!ちなみに我が家が昨年注文した際には、4か月待ちました!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

まとめ

一部の専門家からは『南海トラフ巨大地震』が近いのでは?という主張もありますが、現状では日本の地震学者が『南海トラフ巨大地震』の予知に成功する可能性はわずか1%程度しかない事が分かりました。となると、不意打ちで来る可能性が高く、普段からしっかりと備えをしておくくらいしか対策はなさそうですね!!
おすすめの防災グッズがこちら☟ 

おすすめのウイルス対策はこちら☟







人気の投稿

Blog Archive

このブログを検索

QooQ