【レア現象】西は九州から北は東北にかけて広範囲で『環水平アーク』が見られた模様!名古屋では『ハロ現象』とのコラボも!ただ、環水平アークは巨大地震の前兆という説もある!『日向灘』でM7の地震が『南海トラフ地震』などの巨大地震のトリガーに!?

2019年5月22日水曜日

ハロ現象 環水平アーク 地震予知

t f B! P L
5月22日に西は九州から北は東北にかけてなど広範囲で環水平アークが見られたようです。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

『環水平アーク』が13位にランクイン!!

5月22日15時45分時点のトレンドランキングを見てみると、、、
環水平アークが13位にランクインしていますね。一体何があったのでしょうか?

神戸・名古屋・大分など西は九州から北は東北にかけて広範囲で『環水平アーク』が見られた模様!!

詳しく見てみると、西は九州から北は東北にかけてなど広範囲で『環水平アーク』が見られたようですね!!




ハロと一緒に写っているのもありますね!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク 

ハロ現象って?

一見虹のように見えるハロ現象ですが、全くの別物です。虹は空気中の水滴に光が当たって発生しますが、ハロ現象は空気中の氷に当たって出来ます。 また虹は太陽の反対側に出来ますが、ハロ現象は太陽と同じ方角に発生します! 太陽の周りに出来る丸っこいやつがそうですね!!

環水平アークとは?

環水平アークは、雲の粒に太陽の光が当たってプリズムのように屈折することで起きます。春~夏の昼頃に稀に観測される現象で、めったに見ることは出来ません。太陽からは離れた位置に真っ直ぐに出ているのがそうですね!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク 

『環水平アーク』は地震の前兆という説も!!

かなり稀な現象である『環水平アーク』は、地震の前兆という説もあります☟
【環水平アーク】新潟西海岸突堤では環水平アークが出現!見れた釣り人はラッキー♪ただ、地震の前兆現象という説も、、

東日本大震災・小笠原沖地震の前にも見られたとのことで、これはちょっと心配ですね。

5月20~22日には『地震雲』も話題に!!

5月20日~22日にかけて日本各地で『地震雲』も話題になっていました☟   
ちなみに専門家によりますと、『地震雲』は科学的な根拠はないとされています☟
日本地震学会の広報誌『なゐふる』によると『地震雲』は地震の前兆にはならない!ただ、『地震雲』の存在までは否定出来ない模様!2019年中に南海トラフ巨大地震はある!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

巨大地震が近いという予言も!!

同じ科学的根拠がない繋がりで、直近の予言では、ジョー・マグモニーグル氏・フッガービーツ・ジュセリーノ・ババ・ヴァンガ氏などが南海トラフ地震と思われる予言をしています!!
ジョー・マグモニーグル氏が2018年秋に10.5mの津波を予言しています☟
FBI超能力捜査官ジョー・マクモニーグル氏が大阪北部地震を予言していた!?2018年秋に高さ10.5mの津波・2018年晩夏に東京で震度6弱の地震を予言!!

ノストラダムスの大予言も☟ 
『ノストラダムスの大予言』はまだ終わっていなかった!2019年中の巨大地震・津波を予言!?日本で巨大地震だと南海トラフ地震・首都直下地震・千島海溝沿いか!?

関東方面や関東東方沖・伊豆諸島でも地震前兆反応が!!

データから地震予知を試みている『麒麟地震研究所』さん によりますと、関東方面や関東東方沖・伊豆諸島でも地震前兆反応を捉えているとのことです☟
スポンサーリンク



スポンサーリンク

日本で確率の高い巨大地震だと南海トラフ巨大地震・首都直下地震・千島海溝沿いの超巨大地震・日向灘辺りか!?

日本であり得そうな巨大地震には何があるのでしょうか?政府の地震本部が発表している確率で高そうなところだと、、、首都直下地震・南海トラフ巨大地震・千島海溝沿いの超巨大地震・日向灘辺りでしょうか?
まずは首都直下地震を見てみましょう!
政府の地震本部によりますと、首都圏の地下で起こるマグニチュード(M)7.0クラスの地震は、30年以内に約70%とされています☟
【海外地震情報】本日(10/31)南太平洋でM7.0の地震発生!またもや『リング・オブ・ファイア』上。日本は大丈夫か?

続いて南海トラフ巨大地震を見てみましょう!!
政府の地震本部によりますと、南海トラフで想定されるM8~9の巨大地震については、今後30年以内に発生する確率は、これまで『70%程度」でしたが、2018年の公表では『70%~80%』に引き上げられています☟ 
【悲報】史上初『南海トラフ』と『根室沖』が30年以内に発生する確率が80%を示す!!日本オワタwww

最後に千島海溝沿いの超巨大地震を見てみましょう!!
政府の地震調査研究推進本部は、2017年12月19日に北海道沖の千島海溝沿いで今後30年以内にM8.8以上の『超巨大地震』が発生する確率は最大40%(7~40%)とする見解を発表しました。地震の規模は東日本大震災に匹敵すると考えられています。 
【悲報】北海道を東日本大震災に匹敵するM8.8以上の超巨大地震の発生が切迫している可能性が高い!地震本部が驚愕の発表!!

先日M6.3の地震のあった日向灘も要注意☟ 
日向灘はここ数十年で最も危険性が高いと専門家が指摘!過去には日向灘でM7.1クラスの地震は30年~40年周期で発生!『日向灘』の地震が『南海トラフ巨大地震』のトリガーに!?

南海トラフ巨大地震は1年~2年以内に来る!?

立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、10日の地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。
『南海トラフ巨大地震』は1~2年以内に起きると考えるのが自然と立命館大環太平洋文明研究センターの高橋学教授が注意喚起!2020年の東京五輪までに『スーパー南海地震』が日本を襲う!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

次の『南海トラフ巨大地震』は東日本大震災と同クラスのM9という説も!!

詳しくはこちらの過去記事を見ていただきたいのですが、直近の南海トラフ地震がM8クラスだったことから、前回の地震ではエネルギーを解放しきっておらず、次の『南海トラフ巨大地震』に向かって、すでに多くのひずみエネルギーを溜めている可能性があるという説があります。そうした事から、次の『南海トラフ巨大地震』は、東日本大震災と同クラスのM9程度と考えているようですね!! 
次の『南海トラフ巨大地震』は東日本大震災と同クラスのM9か!?『昭和東南海地震』・『昭和南海地震』ではエネルギーは解放しきっていなかった!2019年中に『南海トラフ地震』などの巨大地震の予言も続々!

神奈川県鎌倉市の材木座海岸ではザトウクジラが漂着!!

5月21日に鎌倉・材木座海岸に謎の生物が打上げられているとして話題になっています!! 
【地震前兆】神奈川県鎌倉市の材木座海岸に長さ7.7mのザトウクジラが漂着!クジラと地震については科学的な根拠は無いとのことだが、『相模トラフ』・『南海トラフ』の巨大地震が心配!!

クジラと地震は関係ないという専門家もいますが、相模トラフ・南海トラフあたりも要注意ですね!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

現在のところ南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性は高まっていない!

ここまで散々脅しておいてなんですが、最新の気象庁の発表によりますと、現在のところ南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性は、平常時と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。

いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?
当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟
 
防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!ちなみに我が家が昨年注文した際には、4か月待ちました!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

まとめ

本日5月22日に西は九州から北は東北にかけてなど広範囲で『環水平アーク』が見られたようです。一部ではハロ現象と環水平アークのコラボもあったようですね!!ハロ現象自体はそこまで珍しい現象ではありませんが、環水平アークはレアですね!ただ、環水平アークは巨大地震の前兆現象という説もあります。一部では巨大地震が近いのでは?という指摘もありますし、備えだけはしっかりとしておいた方が良いかもしれませんね!! 
おすすめの防災グッズがこちら☟ 

おすすめのウイルス対策はこちら☟







人気の投稿

Blog Archive

このブログを検索

QooQ